リオデジャネイロに中国の警察が登場した。

写真拡大

リオデジャネイロに中国の警察が登場した!中国代表団は3日午前、リオデジャネイロの選手村で国旗掲揚セレモニーを行った。在リオデジャネイロ中国総領事館の宋揚・総領事の紹介で、中国公安部からリオデジャネイロに派遣されている臨時警務連絡官がメディアの取材に応じ、あいさつした。宋総領事によると、臨時警務連絡官の任務は、五輪を観戦したり、観光したりする中国人の身のよりよい安全を守ることだという。中国新聞網が伝えた。

リオデジャネイロの治安が、五輪開催にあたり大きな課題となってきた。宋総領事は、取材にやってきた中国の記者に挨拶し、「総領事館は、五輪開催に当たって安全ガイドを発表したり、中国語のオフィシャルマップを準備したりするなど、多くの業務をこなしてきた」と紹介。

また、「外交当局のほか、公安部がリオデジャネイロに派遣した臨時警務連絡官を含む中国政府の多くの当局もリオ五輪の状況に注目している」という。

国旗掲揚セレモニーに出席した連絡官は取材に対して、「2カ月以上前にリオデジャネイロ入りし、準備を進めてきた」とし、「主に、中国の代表団や中国人観光客、中国のメディア・記者などリオデジャネイロにいる全ての中国人の身の安全を守り、代表団により良いサービスを提供するため、ブラジルの警察と連絡を強化している」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)