東京で手に入る本物のハーブたち。ニイクラファーム(東京)【やさいの現場#9】

写真拡大 (全15枚)

<農園プロフィール>
ニイクラファーム(東京都西東京市)
代表 新倉大次郎
江戸時代から続く畑でハーブを中心に年間150〜200種の野菜を栽培

一面に鮮やかなオレンジ色の花を咲かせるナスタチウム、足の踏み場もないほど生い茂るローズマリーの森、どこを歩いても深呼吸したくなるようなハーブの香りに包まれた畑が広がります。
西武新宿線、田無駅から徒歩7分、住宅街の中にあるハーブ農園"ニイクラファーム"を訪ねました。
ナスタチウム。花も葉も実もマスタードのようにピリっと辛い。
代表の新倉大次郎さんが畑を案内してくれました。
「このローズマリーは27年くらい経っています。古木は香りが良いってレストランには好まれますね。隣のこの木を嗅いでみてください。カレーの香りがするでしょ、カレーリーフと言ってインド料理には欠かせないハーブです。20年くらい前に南インド料理やさんが苗をそこにポンって置いていったらそのまま根が張ってこんな巨木に」
葉はもちろん花も食べられるハーブ。ちょうど咲いていたセージの花をつまんでみると甘い蜜の中に清涼な香りがふわっと広がり幸せな気分になります。
ローズマリー。古木と新芽では香りの強さが変わるので出荷先の好みで使い分ける。

カレーリーフ。油で炒めて香りを出す。南インド、スリランカ料理に欠かせないハーブ。

スペアミント。ハーブティや香りづけ、彩りに使う。繁殖力が強いのであっという間に広がる。

―ところでなぜハーブの栽培なんでしょう?
「えーっと。それにはここ"田無"という土地の説明からしないといけません。長くなりますからこちらへどうぞ」
事務所へ案内してもらい、じっくりと話を聞かせていただきます。
「"田無"という土地は古い道が交差するところ、もともと宿場町として栄えていました。ちょっと小高い地形だから田んぼには向いていない、それで"田無"と名がついたともいわれています。このあたりは農業と商売兼業の家が多く新倉家もそれを両立させていました」
畑には料理人が直接収穫に来ることも。「ここに来ると料理のイメージが湧いてきます」

ボリジの花を収穫しているのは近隣のお花屋さんのスタッフ。「市場で仕入れるより新鮮な花が手に入ります」
やがて交通の便も良くなり宿場町としての役目を終えた頃から、家業は農業が中心となり、葉もの野菜などを育てていました。お父さんの庄次郎さんが後を継いでいた今から40年ほど前頃に、東京ではスーパーマーケットが増えていきます。西武沿線には西友(当時は西友ストアー)がたくさんでき始めました。店舗が増え、野菜の仕入れに苦労した西友は、安定した価格で継続的に野菜を仕入れたいと考え、市場を通さないで農家からの直接取引を始めました。
農家と流通の直接取引は今では普通のことですが、当時では野菜は市場へ出荷されてから流通へ乗ることが当たり前。多くの農家は伝票も書いたことのない、作物を作ることだけを求められていた実直な人々ばかり。はじめは流通業との直接取引はなかなかうまくはいきませんでした。
「しばらくして田無の農家にも声がかかりました。商売人気質もある田無の農家たちは数字にも強く、駆け引きも上手。宿場町の商人として鍛えられていますからね。西友も『あれ? ここの農家は他の地域と違うな』って」
スイートバジル、レモンバジル、シナモンバジル、レッドルビンバジル。バジルだけでも4種。

シェフに人気のタンポポ。人気すぎて一時は絶滅の危機に。
その後、田無の農家は西友と継続的に取引するようになりました。もっと取引農家を増やしたい西友は、成功例の田無の農家、中でもリーダー的存在だった庄次郎さんに、農家を集めた講習会の講師をお願いするようになります。庄次郎さんは西友のバイヤーと一緒に全国を回り、ノウハウを教えていきました。