日本人の住居には浴室があり、浴室にはバスタブが設置されていることが一般的だろう。日本人は毎日風呂に入って湯船に浸かるが、こうした習慣は世界的に見ると珍しいほうで、中国の住宅にはバスタブがないケースも多く、シャワーで身体を洗うのが普通という人が大半だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本人の住居には浴室があり、浴室にはバスタブが設置されていることが一般的だろう。日本人は毎日風呂に入って湯船に浸かるが、こうした習慣は世界的に見ると珍しいほうで、中国の住宅にはバスタブがないケースも多く、シャワーで身体を洗うのが普通という人が大半だ。

 中国メディアの新浪はこのほど、日本の浴室は「住人のことを考えた作りになっている」と伝え、その多機能ぶりに驚きを示し、「日本人はまるで人間が持つニーズを徹底的に満足させることを使命と捉えているかのようだ」と称賛する記事を掲載した。

 日本ではワンルームマンションなど室内空間に限りがある場合を除き、戸建て住宅ではトイレと浴室が別になっていることが一般的だが、記事は、「日本ではトイレと浴室が別になっており、それぞれが独立した部屋に存在することが多い」と紹介。さらに、「トイレと浴室が同室内に存在することが多い中国と異なり、日本は汚い場所であるトイレと身体を清潔にする浴室を切り分けている」と紹介した。

 続けて、日本のお風呂は非常に便利だと指摘し、バスタブには風呂給湯器が設置してあり、「定時に風呂を沸かす機能」や「加熱・保温」、さらには「浴室の外と会話できる機能」などが設置してあると紹介。バスタブが設置されることがほとんどない中国からすれば、日本の風呂給湯器の多彩な機能は驚きの対象のようだ。

 さらに記事は、日本の浴室は「乾燥機能」や「暖房機能」もあるとし、浴室内に洗濯物をかけておけば乾燥させることもできると紹介。浴室は家のなかでは小さな空間にすぎないとしながらも、「日本の浴室を見れば、日本人は何事も細部まで徹底して追求するということが骨の髄まで染み込んでいることが見て取れる」と指摘し、中国人の間でも人気の高い温水洗浄便座の存在と併せて、「日本人はまるで人間が持つニーズを徹底的に満足させることを使命と捉えているかのようだ」と称賛した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)