【新ビジネス】芸術的な “大麻タバコ” を作る職業「ジョイントローラー」が大盛況! 機関銃型ジョイントは約71万円ナリ

写真拡大

日本では非合法だか、米国では4州とコロンビア特別区で嗜好用大麻が解禁され、コーヒーやコスメに大麻を使用した商品などが製造され、大麻ビジネスで沸きに沸いているようだ。

そんななか、大麻とタバコ用の巻紙を使って作品を作ってしまう、‟ジョイントローラー” と呼ばれる職を持つ青年が登場! 機関銃や、ホットドッグなどの作品を大麻で作り上げてしまう青年が、か〜なりカッ飛んでいるので紹介したいと思う。彼の作品は、なかには70万円もする物もあるというのだ!!

・大麻タバコの作品を作るジョイントローラー

米オレゴン州アルバニーに住む26歳のトニー・グリーンハンドさんの職業は、大麻と巻紙で作品を制作してしまうジョイントローラーだ。

そんな仕事が、この世に存在していたのかと驚いてしまうが、彼は巻紙をつなげてパーツを作り、そのパーツの中に大麻を詰めて作品の形を作り上げていくのだ。作品には、ピカチュウやホットドッグ、手榴弾にスパイダーマンなどがあり、大きさもデザインも多岐にわたるようである。

・機関銃型のジョイントの価格は7000ドル!!

なかでも、トニーさんが制作した、スイカのデザインをあしらったケーキ型のジョイントは1.9キロもの重さで、世界最大のジョイントだと言われている。火を付けたケーキ型のジョイントは、パーティーで3時間も燃え続け、次々と招待客が大麻を吸ってハイになってたようだ。もう、ワイルドとしか言いようがない!!

材料が大麻だけに作品の価格はかなり値が張るが、例えば、機関銃型のジョイントは7000ドル(約71万円)もするのだとか! そんな、高価なジョイントを注文した顧客は、プライベートジェットを所有する大富豪だそうで、トニーさんのビジネスは大盛況の模様だ。

・ジョイント作品は法的には微妙なライン……

彼は、自分で大麻を栽培し始めたことがきっかけで、ジョイントローラーへ転身を遂げたという。しかし、いくらオレゴン州で嗜好用大麻が合法化されているとはいえ、彼の職業は法的には微妙なラインらしい。

しかも、トニーさんの母親は法執行機関に勤務しているとのことで、息子の商売が気に入らない様子……。対する父親は、「仕事が儲かっているのなら気にしない」というスタンスだそうだ。

2020年までに、大麻の合法ビジネスによる売り上げは、2300億ドル(2兆3200億円)に達するのではないかと言われている。それだけに、これからトニーさんのように、少し変わった大麻ビジネスを始める人も続々と現れそうである。

参照元:YouTube、Instagram @tonygreenhand、METRO(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る