この夏、金星・木星が大接近!見逃せない天体ショーをアプリで

写真拡大

2016年も天文に関する話題は目白押し。特に注目されているのが、8月下旬の金星と木星の大接近だ。次に見られるのは173年後と聞けば、ぜひ機を逃さず見ておきたい! そんな時に活躍するのすがVixenからリリースされたスマホアプリ「Planet Book(プラネットブック)」。惑星がいつどの方角に見えるかをわかりやすく表示し、天体観察初心者の惑星観察をサポート&ナビゲートしてくれる頼もしいアプリだ。

スマホを空にかざせば、どこに星があるのかわかります

ふたつの惑星が最も接近する日時は8月28日午前7時28分と、残念ながら日の出後の明るい時間帯。また比較的見やすいチャンスといわれている27日・28日の夕方も、空も明るく見つけるのは大変そう。スマホで「Planet Book」を起動して空にかざせば、金星と木星を簡単に探しだすことができるのはもちろん、双眼鏡や天体望遠鏡で覗いたときの実際の見え方をシミュレーション表示してくれるので、大接近を前にあらかじめ予習しておけるのも心強い。

 

PlanetBook_9650_kJDIeVxGVj

 

通常の天体望遠鏡で観測する際には上下左右が反転して見えるのだが、そのように表示する「上下左右反転表示」、反転を補正して正立に見える「正立表示」、左右が反転して見える「左右反転表示」の3種類に加え、直近のバージョンアップでは「双眼鏡でのぞいたときにどのように見えるのか」にも対応。自分の観測方法に合わせて表示方法を選択できるのも便利だ。ダウンロードはApp StoreもしくはGoogle Playから。

Vixen webサイト内「金星・木星の大接近」特設ページ
http://www.vixen.co.jp/lp/16_summer_planet/

 

(文/&GP編集部)