Doctors Me(ドクターズミー)- まるで映画の世界!ここまで進化している最新コンタクトレンズ事情

写真拡大

「スマートコンタクトレンズ」を知っていますか?スマートコンタクトレンズとは、GoogleやSamsung(サムスン)、SONYなど、各社がこぞって開発を進めている、ウエアラブル機器のことです。実現すれば、まるでスパイ映画のように、コンタクトレンズで写真が撮れたり、無線通信ができるようになったりする可能性があります。

今回は、ワクワクドキドキが止まらない、最新コンタクトレンズ事情をご紹介します。

ウエアラブル機器って、そもそもなんのこと?

スマートコンタクトレンズのご紹介の前に、ウエアラブル機器について学んでおきましょう。ウエアラブル機器とは、身につけて持ち歩ける機器のことです。単に持ち運べるだけではなく、腕時計やメガネなどのように、実際に身体に身につけられる機器を指します。

置き型のデスクトップパソコンから小型化し持ち運べるように変化してきたウエアラブル機器ですが、今では、身につけられるものへとさらなる進化を遂げようとしているのです。

Googleのスマートコンタクトレンズは医療向け?

Googleがスマートコンタクトレンズの開発を進めていることは、2014年の1月に発表されています。

同年7月には、スイスの医薬品・医療機器メーカーがGoogle社の提携を発表。糖尿病患者向けに血糖値測定ができる医療レンズのほか、度数の変更ができるタイプや無線アンテナ内蔵のものなどの開発が進められているようです。

サムスンのスマートコンタクトレンズはスマホと連携できる!?

サムスンは、2014年9月にスマートコンタクトレンズの特許を申請。2016年3月にようやく特許取得となり、カメラやトランスミッタ(電気信号送信機)などを内蔵したレンズを開発中と発表されています。

医療分野で活躍しそうなGoogleのレンズとは異なり、スマートフォンとの連携も視野にいれた開発をしているそうです。

SONYのスマートコンタクトレンズの売りはカメラ機能か?

SONYは、2016年にスマートコンタクトレンズのカメラ機能の特許を申請しています。ブレ防止機能や絞り調節など、通常のカメラと同じような機能がついているとのことで、高画質の写真撮影が可能になりそうです。

無線通信でデバイスに撮影画像を送る機能も期待されています。どんどん進化しているスマートコンタクトレンズの世界。映画やアニメに登場するかっこいいスパイのように、まばたきだけで写真が撮れる日がいつかくるかもしれません。

そんな未来の訪れが楽しみですね!

【参考】
Google、スマートコンタクトレンズでアルコンと提携。無線・センサ内蔵や可変レンズを商品化へ