台湾系LCCのVエア、台北―羽田・茨城線を運休へ  9月20日から

写真拡大

(台北 8日 中央社)業績の低迷が伝えられているトランスアジア(復興)航空系格安航空会社(LCC)のVエア(威航)は8日、来月20日から、台北(桃園)−羽田線と台北−茨城線をそれぞれ運休すると発表した。

すでに購入を済ませている利用客に対してはトランスアジア航空の台北―成田線への振り替えまたは全額返金に応じる方針。

Vエアは2014年12月に第一便が就航。タイや日本に路線を拡大し、台北―羽田・茨城線は今年3月に週3便と週4便で就航したばかりだった。同社は運休の理由について、経営と運用上の都合としている。

(陳葦庭/編集:齊藤啓介)