7日、中国の掲示板サイトにタイの高速鉄道計画には日本の新幹線方式が導入されることが決まったと伝えるスレッドが立った。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は新幹線。

写真拡大

たぶ2016年8月7日、中国の掲示板サイトにタイの高速鉄道計画には日本の新幹線方式が導入されることが決まったと伝えるスレッドが立った。

スレ主は、日本とタイの両国政府が6日、タイの首都バンコクと北部チェンマイを結ぶ約700キロの高速鉄道計画について、日本の新幹線方式を導入することなどを確認したことを紹介。石井啓一国土交通相とタイのアーコム運輸相が鉄道協力に関する覚書に署名し、早ければ2018年にも着工する見込みだと伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本は信用できるからだ。簡単な話だよ」
「やっぱりオリジナルはパクリ製品よりいいよなあ」

「一方はオリジナル製品で、もう一方は組み立て製品だからな」
「中国高速鉄道は日本から学んだ。中国は日本の生徒だ。先生の作るものの方が良いに決まっている」

「タイは政局が混乱しているからな。投資するには値しない」
「これはいいことだ。中国は安心して国内の高速鉄道建設に励める。外国への投資なんてお金を投げ捨てるようなものだ」

「いいことじゃないか。無駄にお金が外国に流れないで済む」
「タイ製品をボイコットしよう!」
「タイは賢明な選択をしたと思う」

「日本は運営開始から50年以上死亡事故ゼロをキープしている」
「次はマレーシアとシンガポール間を結ぶ高速鉄道だが、多分また日本が勝つだろう」(翻訳・編集/山中)