【ポケモンGO】「ROCK IN JAPAN」でレアモンスターを捕まえるつもりで行ったら、それどころじゃなかったでござる

写真拡大

2016年8月6日から4日間の日程(8/6・7、13・14)で開幕した、日本屈指の野外音楽フェスティバス「ROCK IN JAPAN FES.2016」。開催初日と2日目の来場者数は合計13万5000人(公式発表)。日本中の音楽ファンが会場の国営ひたち海浜公園に詰め掛け、極上のライブ体験に酔いしれたのだ。

そんななか私(佐藤)は、「ポケモンGO」のレアモンスターをゲットする気満々だった。きっと、ここでしか発見できないような、すごいヤツがいるに違いない! そう信じて、都内から約3時間半をかけて会場に足を運んだのに、思わぬ事態に遭遇してしまった。

・1時間半立ちっぱなし

私が自宅を出たのは、午前7時だ。遅くとも10時半頃には会場に到着して、モンスター探しができるはず。そう考えていたのだが、その目算が甘かった。電車は時間通りに乗ることができたのだが、上野から特急に乗る際、すでに満席で「座席未指定」でしか乗車できないという。

つまり、通路に立って乗車するしかないのだ。まさか目的地の勝田駅まで1時間半も立ちっぱなしだとは思わなかった……。

・シャトルバスを断念して迂回

さらに試練は続く。駅に着いたらシャトルバスで20分で、海浜公園にたどり着くはずだった。しかし、そのシャトルバスの乗車待ちが軽く1時間くらいかかりそうだ。戸外で1時間もバスを待っていたら、会場に着く前に熱中症でぶっ倒れる。これはマズイ! ということで、急きょ、ひたちなか海浜鉄道湊線で海浜公園近くの阿字ヶ浦駅まで移動することに。道中の電車内で、モンスターを見つけられると思ったら……。

ポケストップすらない荒涼とした田園。モンスターが生息している雰囲気がないのだが……。

・やっと会場に到着

いろいろあって、結局会場入りしたのが11時前。早くも自らのライフの半分を消費した気分だ。しかも暑い、暑すぎる。ジッとしているだけでぶっ倒れる自信がある……。

とにかくモンスターを探さないと。と思ったのだが、会場入りしてすぐに気づいたことがあった。それは、ポケモンGOをやってるヤツはほぼ皆無……。どうしたみんな! レアモンスターをゲットできるかもしれないのに、なぜポケモンGOをやっていないんだ!?

・みんなが「ポケモンGO」をやっていない理由

その理由がすぐに分かった。みんな音楽を聞きに来てる。おそらこのこの6万人近くの来場者のなかで、本気でポケモンGOをやりたいのは私だけかもしれない……。いくら海浜公園とはいえ、6万人が絶えず移動しているなかで、スマホを見ながら歩くのは危険だ。だから、誰もやってないんだ……。

そしてもうひとつ、決定的な理由がある。それは暑いことだ。スマホを持って、ジッとしていると、それだけで倒れそうだ。日向にいるだけで危険。水分補給しなければ、確実に熱中症になる。どうしよう……。そう思っているところに、モンスター出現!

コラッタ……。次に出現したのは!?

タマタマ……。マジかよ、せっかくこんなとこまで来たのに。諦めるか! 次はどいつじゃーーッ!!

コンパン……。唯一、ちょっとだけレア度が高そうなのが、コイツ。

ビリリダマ……。ひどい、ひどすぎる! レアモンスターと出会えると思ったのに、チキショーーーッ! 挙句の果てが……。

・まさかのエラー……

エラーです。どうやら、ネットワークが混み合っているのか、プレイすることすらできなくなってしまった。一時的なエラーなのか、わからないけど、ここで完全に気持ちが折れた。仕方がないので、音楽を聞いて帰りました……。せっかくポケモンGOをしに来たのに……。

Report:佐藤英典
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

画像をもっと見る