イェール大学の最新の研究により、読書に長生きできる効果があることが証明された。

写真拡大

イェール大学の最新の研究により、読書に長生きできる効果があることが証明された。

【その他の写真】

研究者は50歳以上の3635人の被験者の健康調査時のデータを分析した。被験者は読書に関する質問に回答した。

科学者は被験者を、読書をしない人、毎週の読書時間が3時間半以内の人、3時間半以上の人の3組に分けた。

12年間の追跡調査によると、読書をしない人と比べ、毎週の読書時間が3時間半以内の人の死亡率は17%低く、3時間半以上は23%低かった。読書を好む人の平均寿命は、まったく読まない人よりも2歳長かった。

研究者は、新聞・雑誌を読む人からも類似する傾向を読み取ったが、関連性はやや低かった。

同研究の担当者、イェール大学疫学のベッカ.R.レビー教授は「毎日30分読書するだけで、まったく読まない人よりも生存の優位性が高くなる。しかも富、学歴、認知能力、その他の多くの影響要因を差し引いた場合も、この優位性は存在する」と指摘した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)