福士蒼汰

写真拡大

福士蒼汰主演、本広克行監督で実写映画化が発表された『曇天に笑う』の第2弾キャストとして、中山優馬の名前が発表となった。

福士蒼汰が時代劇初主演! 本広監督と初タッグで『曇天に笑う』を映画化

本作は、2011年のコミック連載開始からその魅力的なキャラクターたちに10代、20代の女子を中心に熱狂的なファンがつき、2014年にアニメ化、2015年からは舞台化と、様々なメディアで人気を博す大ヒットシリーズの映画化作品。

明治維新後の滋賀県・大津を舞台に、300年に1度蘇り、人に災いをもたらす巨大な力を持つ大蛇(オロチ)の力を阻止するために、曇神社を継ぐ曇(くもう)家の長男・天火、次男・空丸、三男・宙太郎の曇天の三兄弟と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)が、それぞれ違った方法で大蛇の力を再び封印し、日本に平和をもたらそうとする。だが、その力を手に入れ明治政府を転覆させるため動き出した最強の忍者集団・風魔一族の暗躍により、曇天三兄弟の行く手は阻まれてしまう。かくして、曇天三兄弟vs犲vs風魔一族という、三つ巴の戦いが幕を開けるというストーリー。

曇天三兄弟の長男・天火役を福士が演じるが、新たに中山が次男の空丸役を、三男の甘えん坊で長男の天火が大好きな宙太郎役を若山耀人が演じることが発表された。

今年7月に主演映画『ホーンテッド・キャンパス』が公開されたばかりの中山は、本作で初めて本格時代劇アクションに挑戦。内心では兄を慕い、その存在をいつかは超えたいと悩やんでいる難しい役どころで、この曇空丸の存在が、物語の行く末を大きく左右することになる。

6月にはじまった撮影はすで中盤で、本広監督の演出に中山は「すごく優しく演出して貰っています。台本に捉われず現場でのアイデアで作っていらっしゃるなという印象です。伸び伸びとやらさせて貰っています」とコメント。

福士との初共演については「頼れる座長です。人としても周りへの気配り、現場での姿勢など尊敬しています」と述べると、「向上心あふれるエネルギッシュな役所なので、力強く、スピーディーにアクションシーンを演じさせていただきました」と役への意気込みを語っている。

『曇天に笑う』は2017年に全国公開予定だ。

【関連記事】
ハリウッド大作で声優デビューの中山優馬、現地レッドカーペットに感激!
中山優馬がハリウッド進出に意欲! 「そのときが来るように勉強したい」
福士蒼汰と小松菜奈共演で映画化される『ぼく明日』がクランクアップ!
川口春奈が福士蒼汰のホッペに恥じらいチュー!ファンに向かって「すみません」