「ふるさと納税」アディダスやジェラートピケなどアパレル5社が返礼品提供

写真拡大

 日本国内の任意の地方自治体に寄付し、ほぼ全額が税額控除される「ふるさと納税」の新たな試みとして、寄附額に応じた返礼品をアパレル5ブランドが提供することが発表された。アディダス、エルバビーバ、ジェラートピケ、ジョンマスターオーガニック、マンハッタンポーテージが参加する。 「ふるさと納税」にアパレル5社が返礼品提供の画像を拡大

 アパレル5ブランドは、福島県・南相⾺市のNPO法⼈「相⾺救援隊」が立ち上げた特設サイト「nomastyle.com(ノーマ スタイル ドットコム)」から申し込まれた「ふるさと納税」の返礼品として物品を提供。南相⾺市ではこれまで「ふるさと納税」を通じて地域活性化に取り組んできたが、寄附者の感覚の変化や⾃治体の制度に対する⼈材不⾜、風評被害の問題により同市への寄附額は年々減少していた。復興が本格化する中、持続的可能な復興⽀援体制を築くため「ファッションから出来る新しい復興⽀援のかたち」の趣旨に5企業が賛同し、返礼品の提供が実現。現在までに特設ページでは1万円〜10万円の寄附が選択でき、寄附金に応じた品をセレクトすることができる。 「ふるさと納税」では、その⼟地の特産物などを贈る⾃治体が多くある中、NPOが返礼品を⽤意する事例は全国的にみて珍しいという。今後も参加ブランド及び返礼品数は増えていく予定。■ noma-style.com(ノーマ スタイル ドットコム)