手汗をすごいかく人でも、このアルバイトなら応募できる!

写真拡大

生まれつきの体質は、密かに多くの人を悩ませているだろう。自分ではどうすることもできないだけに諦めてしまっていたり、あるいは身動きが取れなくなってしまったり……。

「教えて!goo」に「手汗がすごくてもできるバイト」を知りたいと相談を寄せている人がいた。テスト用紙が濡れてしまう、ハイタッチはもってのほか……どうやら緊張すると他人よりも手汗が出る体質のようで「商品の品出し」や「レジの小銭数え」も十分にできないのではと恐れている。

相談者さんのように手汗を気にせず働ける場所はあるのだろうか? 寄せられたアドバイスに光明があった。

■手袋をする職業なら心配いらない

「施設警備員や施設管理や清掃員の仕事はどうですか? 手袋をしますし、常に掃除や施設内を巡回するので手汗が気になればトイレなどにも行きやすい」(ジプシーさん)

自身も汗っかきだというジプシーさんは、数々のアルバイト体験から「手袋をする」仕事をレコメンド。たしかに警備員や交通誘導員には手袋をしている人も多い。

■手汗が常に流れていく職場

「飲食店の皿洗いはどうでっか?(中略)…あっ! 車の洗車屋で働くんもえぇ」(adobe_sanさん)

皿洗いや洗車なら、水と接する機会が多いために手汗を気にする必要もない。あるいはゴム手袋をするといったケースもあるだろう。かえって汗をかいているほど「一生懸命やっている」ようにも見えるので、いくらかお得とさえいえるかもしれない。

■全身がそもそも水に浸かれば問題ない

「プールや海の監視員」(gugutto3さん)

短期のアルバイトであれば「プールや海の監視員」はアリだろう。すぐそばに水があるため、手汗を仮にかいたとしても、他の人からは気づかれることもない。同様に、スーパー銭湯などの浴場や温浴設備の清掃担当というのもいいのではないだろうか。

探してみると「水にまつわる仕事」はどれも相性が良さそうではある。また、費用はかかるものの、体質改善の医療アプローチには健康保険が適用されるものもある。気にするがあまり自分の生きにくさを切々と感じるようなら、仕事探しよりも最善策となるかもしれない。

いずれにせよ、できることに手は尽くしつつ、最後は気にしすぎずに試してみる第一歩も必要になる。相談者さんがイキイキと働けることを祈るばかりだ。みなさんなら、相談者さんにどんな仕事を紹介してあげるだろうか?

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)