8日(日本時間)、リオデジャネイロ五輪の競泳男子200メートル自由形は準決勝が行われ、中国の孫楊が1分44秒63の全体1位で9日(同)の決勝に進出。全体2位の萩野公介を優勝争いの最大のライバルに挙げた。写真は孫楊。

写真拡大

2016年8月8日(日本時間)、リオデジャネイロ五輪の競泳男子200メートル自由形は準決勝が行われ、中国の孫楊(スン・ヤン)が1分44秒63の全体1位で9日(同)の決勝に進出した。初日の400メートル自由形で金メダルを逃し、優勝したオーストラリアのマック・ホートンから「薬物違反者」とやゆされたことについて、孫は「もう終わったこと」と話し、全体2位の萩野公介を優勝争いの最大のライバルに挙げた。中国新聞網が伝えた。

報道によると、ホートンは試合前の練習で、14年に興奮剤に陽性反応を示して3カ月の出場停止処分を受けた孫のあいさつを無視した上で、「インチキ薬物野郎に付き合う暇はない」などと批判。決勝で0秒13差で撃破した後も、記者会見で「尿検査で陽性反応を示した人と同じ場所で競技したくない」などと発言していた。

萩野が決勝に向けて「孫選手は強い」と話していることについて、孫は「萩野はリズムが良い」と語り、優勝争いの最大のライバルに挙げた。(翻訳・編集/柳川)