8つ以上は危険! ママ友付き合いに必要なスキルが分かる簡単チェックリスト

写真拡大

いま、人間関係の悩みを抱えていませんか?

宗教、生命保険…「ママ友からの強引な勧誘」を“角を立てずに断る”6つのポイント

この質問にドキッとしてしまった方は、ご自身のスルースキル力を見直したほうがいいかもしれません。

実は、ママ友トラブルなどで悩む方には「スルースキル=受け流す力が足りない」という共通点があります。

大人しい方、優しい方、常識的な方……。

タイプは色々ですが、ママ友との関係に悩むママは総じていい人で、なおかつとても真面目!

私はこれまで、自分が運営しているサロンで大勢のママの悩みを聞いてきました。

それで、相手の言動を全て真正面から受け止めすぎるから悩む、ということに気付いたのです!

反対に、身近に迷惑でアクの強いママがいても悩まないママは、相手の言動に一喜一憂することも振り回されることもなく、適度に距離を取りながら接しています。

この、ある意味冷めている感覚「スルーできる力」こそが、女性同士の付き合いをトラブルなくやり過ごすためのキーワード!

そのため、自分自身のスルースキルを確認しておくと、ママ友トラブルも避けられます。

以下の15個の質問のなかに当てはまるものがいくつあるか、軽くたしかめてみてください。

自分のスルースキル力が簡単にわかる質問

・気が乗らない誘いでも我慢して行く

・子育てや考え方への批判をされても黙って聞く

・嫌なことがあった後は時が過ぎるのを待つ

・自分に自信がない

・自分の意見と違ってもトラブルがいやで同意する

・何を考えているかわからないと言われたことがある

・いつまでもクヨクヨと思い悩む方だ

・1人や家族と一緒の時と他人と一緒の時の態度のギャップが大きい

・人目が気になって中々本音で付き合えない

・周りに良い人だと思われたい

・学生時代から、どこかのグループに所属していないと不安だった

・世の中勝手な人ばかりだと思う

・面と向かって悪口を言われるよりは陰で言われた方がまだマシだ

・どちらかと言えば昔から親に口答えをしない「いい子」だった

・ストレスが溜まってもその場が丸く収まることを優先する

このなかに当てはまる項目が8個以上あったら、迷惑ママに振り回される都合の良いママです。

そんなママは、「気が合わない人には嫌われてもいいや」という割り切った気持ちで、断る勇気も持ちましょう。

もちろん、大人である以上、ある程度の我慢は必要です。

でも、いつも我慢ばかりではいけません!

「この人には何を言っても大丈夫」と、甘く見られてしまう可能性が高くなります。

すると、勝手なママ、迷惑ママに振り回されて我慢を強いられる毎日となってしまうことに……。

ほかには、自分で気分を切り替えたり、一人でいても心地よい状態をつくったりすることも大事です。

うまく感情をコントロールするテクニックを身につけてください。

迷惑なママに振り回されないための考え方

そもそも、親が思っている程、子どもは友達の親のことまで気にしません。

私は長年、幼稚園や保育園で勤務していましたが、親同士の関係が子どもに影響を及ぼす、ということはありませんでした。

子どもには親が入り込めない、子ども独自の世界があります。

その子と一緒にいて楽しければ遊ぶし、親が仲良くても子ども同士は気が合わないことだってあるのです。

子ども同士は、そういった友達との様々な体験を通して人間関係を学んでいきます。

親が「子どものため」と、ムリをして、いやなママ友の付き合いをし、帰ってから暗い顔を子どもに見せるのでは、本末転倒。

子どもがガッカリしてしまいます。

「付き合いが悪いと思われてもいい」

「みんなに好かれなくてもいい」

このような考え方をすることが、「受け流す力」をつけるための第一歩です。

自分の気持ちが言えない人は、周りの人に「よく思われたい」という気持ちが強いものです。

しかし、にこやかにNOと言えるようにならないといけません。

冷静な視点を忘れず、適度な距離感を保ったお付き合いを心がけて、ママ友トラブルに無縁な毎日を送ってくださいね。