スズキのBセグメントハッチバック『スイフト』の次期型が、ついに本物ボディでテストを開始、その姿をカメラが捉えました。

1

前回捕捉したプロトタイプは、黒い布で覆われていた上、ヘッドライトやリアコンビランプもダミーという状態でしたが、今回は全て次世代型の本物パーツが装着されているようです。

特に衝撃を受けたのは、そのフロントビューです。Bセグメント・コンパクトカーとは思えない大きなラジエーターグリルに、鋭く釣り上がる楕円形のヘッドライトを持つアグレッシブなフロントマスクは、現行モデルの面影もありません。

またAピラーからCピラーへ向かう角度の付いたルーフラインや、側面上部のキャラクターラインにより、かなりスポーティーな仕上がりを見せています。

パワートレインは1リットル直列3気筒「ブースタージェット」エンジン、1.2リットル直列4気筒「デュアルジェット」エンジン、そしてスズキの新開発ハイブリッドシステム、「SHVS」(スズキ ハイブリッド ビークル バイ スズキ)というラインナップとなりそうです。

ワールドプレミアは2016年9月のパリモーターショーの可能性が高いと思われます。。

(APOLLO)

新型スズキ・スイフトを捕捉!迫力のフロントエンドが露出(http://clicccar.com/2016/08/08/391785/)