フライングに注意! 「妊娠検査薬」やりがちな4つのNG行動

写真拡大

妊娠しやすい身体や環境を整える「妊活」は、今や一般的になっています。

ビックリ! 「新生児」にまつわる、みんなが知らない意外な真実7

子ども服などを手掛けるミキハウスが2013年に行った調査では、「妊娠するために何か意識的な行動をしましたか」に69.4%が「はい」と回答。

取り組んだでは、3位の「産婦人科を受診」を抑え、自宅でできる「基礎体温をつける」「必要な栄養素を積極的に摂る」が上位にランクインしています。

「もしかして?」と思ったらまず妊娠検査薬でチェックをしてみよう、という人も多いはず。でも、早く結果を知りたいという思いからNGな使い方をしてしまっているケースも少なくないのです。

今回は海外の記事を参考に、ついやりがちな妊娠検査薬の4つのNG行動を総ざらいしてみましょう。

1:実施するタイミングが早すぎる

検査薬にはさまざまなタイプが売られていますが、日本の薬局で一般的に手に入るものは、生理予定日の1週間後から判定が可能。

というのも、検査薬は、尿中に含まれるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンに反応することで妊娠の有無を判定します。

このホルモンは生理が始まるタイミングの数日後から分泌され始めるものの、最初はごく微量。検査薬で確実に検出するためには生理予定日の1週間後まで待つ必要があるのです。

この期間を待たずに検査薬を使用する「フライング検査」について、『マイナビウーマン』で行ったアンケートでは、71%が「したことがある」と答えています。

なかには「生理予定日1週間後よりも前に検査をして陰性。諦めきれなくて4〜5日してからもう一度検査をしたら陽性だった」という声も。

生理が1日でも遅れたら、検査薬を試そうという気持ちになりがちですが、そこはグッと我慢。正しい結果を得るためには、必要な期間を「待つ」ことが大切です。

2:「水平なところに置いて●分」の指示を守らない

妊娠検査薬は、製品によって尿をかけたあと水平なところに置いてから1〜2分待つ、という指示があります。

これは、検査窓に尿をかけてすぐに反応する場合もあれば、少しずつ浮き上がってくるケースもあるため。

検査薬に尿を十分いきわたらせ、正しい結果を表示させるために机の上に置いて少し待ってみることは、忘れがちですがとても大切なことです。

3:検査薬に尿をかけすぎる

検査薬の説明書きには「尿を●秒間かける」または「紙コップなどで●秒間浸す」とあります。

しかし、注意したいのは「かけすぎても判定結果に影響する可能性がある」ということ。尿の量が多すぎた場合、判定の表示自体が表示されにくくなったり見にくくなったりすることがあるのです。

また、正しく判定するためには朝いちばんの尿で検査するのがおすすめです。理由は、朝の時間帯の尿がもっともホルモン量が濃くなるため。

水分をたっぷりとったあとなどの尿はホルモンの濃度が不十分で、正しい結果が出にくくなることがあるので気を付けましょう。

4:陰性でも生理が来ないときに再チェックしない

これは、かならずしもNG行動というわけではありませんが、閉経前の女性に月経が来ないということは、身体の中でなにかトラブルが起きている可能性があります。

もし生理が遅れているのに陰性という結果が出たのなら、数日おいてまたもう一度再検査をするか、産婦人科を受診しましょう。

生理不順で生理予定日がはっきりしない、という場合は、性行為をした日から3週間後以降が目安。毎朝の基礎体温をつけていれば、次の生理までのタイミングがつかみやすくなります。

大切な「2つのルール」

この「4つのNG行動」をまとめたのは、アメリカで大人気のブロガー、オリヴィア・ヤングスさん。彼女自身、妊活中に初めて妊娠検査薬を使ったときのことをこう回想しています。

「説明書を何度も読んだにもかかわらず、自分は尿をかけて、待つというただそれだけのことを間違えるだろうと確信していました。結果は陽性でしたが、本当にそうだろうかという不安がぬぐえず、いらぬストレスを抱えてしまったのです」

そして、周囲の妊娠・出産経験者や医師に取材し、このNGをまとめました。

初めて妊娠検査薬で妊娠の有無を確認しようとするときは、オリヴィアさんのように戸惑い、不安を感じることもあるでしょう。結果がどう出ても、「本当にそうなの?」という気持ちにもなります。

だからこそ、忘れてはいけないことは2つ。

ひとつめは、説明書をしっかり読んで、その通りに行うこと。もうひとつが、陽性反応が出たとき、もしくは陰性でも生理が始まらないときにはかならず産婦人科を受診すること。

市販の妊娠検査薬はあくまでも参考。100%ではありませんし、陽性が出た場合も、正常な妊娠ではない可能性もあります。

まだ見ぬわが子からの最初のメッセージを見逃さないためにも、妊娠検査薬は正しく、上手に使いましょう!