田中マルクス闘莉王が五輪OA枠の人選に疑問「連携っていう面では難しい」

写真拡大

8日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、元サッカー日本代表の田中マルクス闘莉王が、サッカー五輪代表・手倉森ジャパンのオーバーエイジ(OA)枠の人選について本音を語った。

番組は、リオデジャネイロ五輪でのサッカー・コロンビア戦を扱った。試合で日本代表は2点を先制されるも何とか追いつき、ドローに持ちこんでいる。この結果、厳しい状況ながらも決勝トーナメントへの望みをつないだ。

MCの坂上忍は、前回のナイジェリア戦と比べ、内容が良かったが決めきれなかったことをサッカー解説者・永島昭浩氏に厳しく指摘する。そして、リオにいる闘莉王と中継をつなぐのだった。

現地の映像が映った直後、坂上は苦笑いをしている闘莉王に「ほら! もう苦笑いしてるよ」とイジると、闘莉王も「困ってますねえ…」と本音を漏らす。続けて、今日の試合について「勝たなきゃいけないです」と語った。

その後、攻撃陣が2試合で6得点しながら勝てない状況について、「もうちょっと守りのほうにね、しっかりしてほしいなと思いますね」と、闘莉王は守備を課題に挙げたのだった。

ここで坂上が、OA枠について質問すると、闘莉王は非常に言いづらいと前置きした上で、「最後の方にオリンピックに入ってくるときに選ばれる選手、予選は戦ってないし、ちょっと連携っていう面では難しいなと思います」とコメントする。

さらに坂上は、「ディフェンスってね、連携が命だと思うんですよ。そこにOA枠を急に放り込まれて選手たちに戸惑いはないんですか? しかも先輩が来るわけじゃん」と切り込んでいく。これに闘莉王は「僕が監督であれば、オリンピックでやってる植田(直通)くんとパートナーを組んでる選手を連れて来ますね」と、同じクラブチームで連携の取れているセンターバックをOAとして投入すると持論を語ったのだった。

【関連記事】 
前園真聖氏や池谷幸雄 ブラック部活に異論か「これくらい普通に経験してる」
SMAP・中居正広がサッカーを根本から否定「そもそも蹴るって行儀悪い」
三浦知良に20年憧れていた外国人 サインもらえた感動で涙