大月デンタルケア・理事長の大月晃氏

写真拡大

 これまで『週刊ポスト』では、ジャーナリスト・岩澤倫彦氏による歯科治療のタブーに斬り込むシリーズ記事を度々掲載してきたが、全国の歯科医たちから賛否両論が噴出している。

 そこで今回は、編集部や筆者に意見を寄せた、あるいはネット上で記事の批評を掲載していた歯科医を緊急取材。論争テーマへの率直な意見と、歯科業界の実状を本音で語ってもらった。それによって、見えてきた問題の核心とは──。

 まず、本シリーズへの見解を聞いた歯科医を紹介する。

 埼玉の大月晃氏(大月デンタルケア・理事長)は、歯科医7人、歯科衛生士16人を擁する、大規模な予防歯科クリニックを経営する。筆者のSNSに批判的なコメントを書き込むと同時に「この業界には医療人としてのマインドが不足している人もいる」と心情を明かした。

 千葉の西尾元秀氏(ニシオ歯科・院長)は、東京医科歯科大・口腔外科出身の歯科医歴37年のベテランで、浦安市で保険診療主体のクリニックを経営。ブログで本誌連載を「大げさに悪意を持って書かれたもの」と厳しく批判した。

 東京の小林優氏(村岡歯科医院・院長)は、歯を残す決め手となる根管治療のエキスパート。最新鋭のマイクロスコープなどを駆使、海外の歯科医との交流も深い。記事の主旨に一定の理解を示しつつも「歯科医の多くが、一生懸命にやりたくてもできないほど追い詰められている時代」と語る。

 広島の三好龍治氏(三好デンタルオフィス・代表)は、自分自身が受けたい治療を目指した完全自由診療のクリニックを経営する。「かなり正確なことが書かれています。歯科医療、歯科医師に対する不信感が爆発する日が近いと感じます」と連載記事を評す。

 * * *
「歯を削って銀歯を詰める、被せる」を繰り返す日本の虫歯治療が、歯の寿命を短くし、抜歯へとつながる「負の連鎖」を引き起こしていた──。

 本シリーズでは歯科業界の最大タブーが、日本人の口の7割に入っているといわれる銀歯であることを指摘してきた。

 銀歯治療では実際の虫歯部分のみならず健康な部分も大きく削る必要性がある上、二次カリエス(治療後の歯が再び虫歯になること)を予防する目的で、隣の歯と隣接する、やはり健康な部分まで削っていた。そうした銀歯治療の理論的根拠となる「予防拡大」という概念を、本連載では明らかにしてきた。

 一方、プラスチック系の白いコンポジットレジンは、歯を削る量を最小限に抑えることが可能だが、診療報酬が低いために普及が遅れた。そのことを東京医科歯科大・田上順次副学長の解説を中心に紹介した筆者の記事に西尾氏らからは反論の声があがった。

 西尾氏はこういう。

「銀歯が良くない、コンポジットレジン充填が良い、という話を大げさに書いている。私の経験では、レジン充填は耐久性が低い。

 また、レジン充填の時には6ミクロンの隙間が空くので、4ミクロンの大きさの虫歯菌が入り込んでしまうという報告もある(LSTR療法学会)。一方の銀歯はセメントで接着するので、隙間は2ミクロン。

 結局、これらは『説』なので、どちらが正しいとは一概に言えないはず」(筆者注・接着面の隙間については諸説ある)

 小林氏は素材だけの問題ではないと指摘する。

「治療に最適な金属は、金とプラチナですが、高額なために保険で使用されている銀歯には、様々な金属をまぜた合金が使われます。

 それでも、30年経って二次カリエスになっていない銀歯もありますし、すぐに破損するレジン治療のケースもあるのです。本当に重要なのは、すべての段階で丁寧に治療を行なうことであり、金属だからダメというのは疑問です」

 一方、銀歯の素材自体に問題がある、という指摘も少なくない。大月氏は「銀歯による『負の連鎖』は、臨床現場で実感しています」と率直に語った。

「田上副学長の論理はその通りだと思いますし、私も極力歯を削らないために、レジンを選択することが多いですよ。

 金属アレルギーも無視できません。銀歯に含まれているパラジウムが最大の原因という研究もあるし、口の粘膜面と銀歯が接触することで感作(※注/一度抗原に触れたことで、同じ抗原の再刺激に反応しやすくなる状態)します。

 保険診療で指定されている銀歯は、基本的に早くやめたほうがいいでしょう」

 三好氏は、あるケースを例に挙げながら銀歯の問題点を説明した。

「歯の上面が狭くて、中で虫歯が広がっている形態パターンがよくあります。ここに銀歯を填めようとする場合、健康な歯まで大きく削らなければなりません。

 小さな虫歯に合うような薄くて細い銀歯は、作ることも接着もできないので、ある程度のサイズまで歯を削って銀歯を入れている。しかし、レジンだと虫歯部分のみ除去して充填できる。

 それに、私のクリニックでは、銀歯を外すと9割以上の確率で、中が虫歯になっています。最大の原因は、口中の温度変化で銀歯が膨張と収縮を繰り返し、接着セメントにヒビや隙間ができることです」

※週刊ポスト2016年8月19・26日号