歩き方、座り方に注意  美しいヒップラインになるために

写真拡大 (全2枚)

  リオ五輪にくぎ付けの毎日。リオといえば、カーニバルも有名。あの健康的なブラジル女性たちの体形に憧れる〜という女性も多い。目指すのは“スリム”ではなく、メリハリボディー。特にあの美しいヒップラインはどうやったら維持できるの?という質問にサニーヘルス(東京)が公開した調査レポート『ブラジルではヒップが最重要バーツ!美しいヒップラインの作り方』で答えてくれている。。

 ブラジル女性の美の基準は、プリっとしたボリューミーなヒップ、脚は細いよりもしっかりとした肉感のある脚が好まれている。ヒップは最重要パーツで、ヒップの美しさを競う「ミス ブンブンコンテスト」が毎年開催されているほど。(「ブンブン」とはブラジルでヒップを意味する)。

 もちろん、骨格も異なる日本人に真似するのは難しいけれど、せめて“垂れ尻”にならないために日常生活でできることは実践したい。そのポイントは、まず座り方。椅子に浅めに腰掛け、上半身を背もたれに寄りかかると「仙骨座り」になってしまい、腰の骨が曲がり腰椎に負担がかかり、腰を痛める原因にもなる。そこで、骨盤を立てて座る「坐骨座り」を。坐骨は骨盤の下にあり、座ったときに椅子の座面に触れる部分。これを椅子の座面に直接当たるように座り背筋を伸ばそう。

 次は歩き方。ヒールを履いた人に多いのが、ひざを伸ばさずに曲げたままの歩き方。これは骨盤が後傾している状態になりお尻が垂れ下がる原因になる。ひざとももの裏を伸ばすようにして、大股で歩くようにすると、ヒップアップ効果が得られる。このほか、ヒップアップエクササイズなども紹介されているから、五輪を見ながらエクササイズを!