最高に癒されるッ! 仕事が忙しいときに女性にかけられるとうれしい言葉8

写真拡大

朝早い出社に夜遅くまで続く残業、仕事が忙しい時期はどうしてもリフレッシュする時間をうまく作れず、精神的に追い込まれて疲れてしまうものですが、周囲からの何気ない一言に救われることもありますよね。社会人の男性に、仕事で疲れているときにうれしい女性からの言葉について聞いてみました。

■頑張ってますね

・「頑張ってますね。自分の頑張りが認められた気になるから満たされる」(31歳/機械・精密機器/営業職)

・「仕事、いつも頑張ってますねー。と言われるだけで、疲れが吹っ飛びます」(32歳/その他/技術職)

自分の頑張りをアピールするわけではないけれど、認められればうれしいという男性も多いようです。頑張っていることを見てくれている、理解してくれていると思うだけで、つらい仕事も乗り越えられそうですね。

■無理しないで

・「あんまり無理しないでね。頑張ってとかは頑張ってるのになって思えるから」(30歳/自動車関連/技術職)

・「無理せず、ゆっくり休んでね。自分のことを労わってくれてる感じる言葉だから」(34歳/医薬品・化粧品/技術職)

疲れた状態で仕事を続けるのは、自分を極限に追い込むことでもあります。そこで言われる「頑張って」は、けっこうつらいと感じる人もいるようです。頑張った結果、疲れているように見えるときは、労わりの言葉をかけた方がいいのかもしれませんね。

■少し休みませんか?

・「お茶でもどうぞと言ってくれたとき」(29歳/電機/事務系専門職)

・「少し休めば? 疲れてるのを察して言ってくれた言葉はうれしい」(34歳/その他/その他)

仕事に追われているときは、休まなければと思いつつも、自分にブレーキが利かなくなってしまうこともあります。ですが、それは決していい状況ではありません。あえて少し休憩することで仕事の効率も上がりそうですね。

■おつかれさま

・「笑顔でお疲れ様と一言かけてくれること。気持ち的に軽くなりそうだから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「いつもお疲れ様、などのシンプルな言葉で十分。察してくれれば、言葉は多くいらないため」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

忙しく働く男性に、余計なアドバイスも励ましも無用です。おつかれさまと言われるだけで心が和み、仕事のつらさも軽減されます。これ以上の労わりの言葉は日本語には存在しないと言っても過言ではなさそうですよね。

仕事で疲れているときは、余計なことを話したくもないし、面倒な話も聞きたくないという人も多いでしょう。そんなときはどんなに気の利いた言葉でも受け入れる余裕がない場合もあります。どんな言葉をかけるかよりも、相手の状況を理解することが大切なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数202件。25〜34歳の社会人男性)