グループを超えて楽しく撮影中のセヨン&ヨンミン。実は昔からの仲良しさんというふたりのナゾは雑誌『韓流ぴあ 9月号』(8月22日発売)にて

写真拡大

平将門の怨霊が憑く織田信長と、彼と対峙した仏門のカリスマ・顕如を軸に、激動の戦国時代の欲望渦巻く世の中と人間模様を描く歴史ファンタジー舞台『Honganji』。今年初め、観客数3万人を突破した本舞台が、『Honganji-リターンズ-』としてこの夏再演が決定。8月21日(日)から27日(土)まで、東京・明治座で上演される。

【画像】MYNAMEのライブの写真を一覧で見る

初演に続いて2度目の出演となるMYNAMEのセヨンと、新キャストで今作が演劇初挑戦のBOYFRIENDのヨンミンのふたりに、役柄と見どころについて語ってもらった。

――セヨンさんは2回目、ヨンミンさんは初の『Honganji』の舞台です。出演のオファーをもらったとき、どんな気持ちでしたか?

セヨン「まず、『Honganji』という舞台が再演するということ自体がとても幸せでした。そして、また呼んでいただけてうれしかったです」

ヨンミン「韓国でも演劇の経験はないので、正直、『僕にできるかな?』という心配が先にたちました。オファーを頂いて、初演の動画を見せていただいたのですが、深い意味とメッセージが込められている作品だと思い、やってみたい!と思いました」

――おふたりの役柄について教えてください。

セヨン「僕が演じる下間仲世(しもつま なかとし)は、本願寺の家臣だった実在の人物。落ち着いていて真面目で無駄口を叩かない、一言で言って、僕と正反対の男です(笑)。だから、すごく難しくて。僕はたくさんセリフを言いたいのに役柄上セリフもあんまりないし、演出家さんに重厚な感じを求められるし。だから、舞台にあがるときは、違う人格を空からおろしてきて、臨んでいます」

ヨンミン「僕が演じるのは、橋本雷(はしもとらい)という織田信長側のスナイパー。父親を殺した敵への復讐に燃える男です。冷徹で人を殺すことも躊躇しないサイコパス的な男ですが、本当は寂しくてかわいそうな人物だと思うんです。そういう雷の心の奥底にある本質をうまく演じたいと思います」

――セリフは全て日本語。それも、昔の言い回しが多いですよね。

ヨンミン「そうですね。台本を読んで、初めて覚えた日本語が『まことにございますか?』でした(笑)。『本当ですか?』という意味だと聞いて、びっくりしました。でも、その語感になんだかハマって、最近は普段話すときにも『まことにございますか』を使っています」

セヨン「僕は2度目なので内容や単語の意味はだいたいわかっているのですが、『た行』と『つ』の発音がどうしても難しくて。例えば『ともに戦っていただけますか?』というセリフも、集中しないと、『たかたった、たかたかたかた?』ってなっちゃうんです(笑)。しかも僕のセリフには『みつ殿』という単語がすごく多いんです! “これはあんまりだ!”と、演出家の方に『 “みつ殿”を、“みく殿”とか“みさ殿”に変えてみてもいいんじゃないですか?』と提案したりもしました。『できるわけないじゃん』ってあっさり却下されましたけど(笑)」

――おふたりの殺陣(たて)のシーンは見どころのひとつだと思います。殺陣の練習は順調ですか?

ヨンミン「僕の一番の心配事が殺陣なんです。僕は刀ではなく銃を持って戦うんですが、『Honganji』に出てくる銃のなかで一番大きいものなんです。練習のときは仮のものを使っているのでそこまでではないですが、本番で使うものはかなり重いというので、うまく扱えるか……。対峙する人を怪我させてしまったらどうしようという心配もあります。それは練習して克服するしかないので、最近、時間があるときは、稽古とは別に、スタジオを自分で取って練習をしています」

セヨン「それはすごい努力ですよね。僕は、自分の一番の見せ場は殺陣だと思っているんです。今回、前回と同じ殺陣をやるのは自分が退屈だと思い、演出家の方に新しい動きを取り入れたいと直談判しました。前回より、もっとパワーアップした殺陣が見られると思います。練習では、肩や足首を怪我してしまったりも。刀はもちろん偽物なのですが、どうしても切れてしまうんです。練習だけでも3〜4着、服に穴を開けてしまいましたね。少しでも気が緩むと危ないので、集中して演じるようにしています」

――おふたりが共演されるシーンもありますか?

ヨンミン「舞台の終わりの方に少しだけ」

セヨン「それも敵対するシーンです。まだ全体稽古が始まっていないのですが、どんなシーンになるのか、僕も今から楽しみです」

――市川九團次さん演じる平将門は『THE歌舞伎』といった化粧をしていますが、初めて見たとき怖くなかったですか?

ヨンミン「大丈夫でしたよ。まだ実際に見たことがないので、何とも言えませんが。映像を見た限りでは大丈夫でした」

セヨン「怖い怖い! 実際に見たらちょっと怖いよ(笑)。化粧もそうですが、役に入り込んだ市川九團次さんの姿が、カリスマというか狂気をおびていて怖いんです。普段はとても優しくて親近感のある方なので、そのギャップに驚きます」

ヨンミン「市川九團次さんは僕も優しい方だと思いました。陣内孝則さんは実際に会うまではちょっと近づきがたい方なのかなという印象があったのですが、お会いしてみるととてもフレンドリーな方で安心しました。(日本語で)“激優(ルビ※げきやさ)”です(笑)」

セヨン「陣内さんはお父さんのような方です。お兄さんじゃなくてお父さん。だって僕のお母さんよりも年上だし。そばを食べに連れて行ってくれたり、すごく良くしてくれます。少し残念なのが、陣内さんはガラケーを使っているので、日本に来た時に連絡が出来ないんです。僕、日本ではWi-Fiを使っていて通話とかメールが送れないので。早くスマホにして欲しいです(笑)。諸星和己さんとはライン友達で、よく連絡をとっています。性格とか考え方が僕に似ていて、一緒にいて楽しいです」

――もうすぐ舞台初日がやってきます。今の心境は?

セヨン「ワクワクしています。僕はもともとあまり緊張しない方なんです。MYNAMEとしてステージに立つ時も、緊張というよりも“早くやりたい”“早く楽しみたい”と思うし。今は、早く『Honganji』の舞台に立ちたい、その一心です」

ヨンミン「楽しみ半分、緊張半分かな。僕は緊張しやすいタイプで、最近やっとステージに慣れてきて楽しめるようになったんですね。だから楽しめるとは思うけど、歌手としてステージにあがるのと演劇とは全く違いますよね、きっと。どうなんだろう? やっぱりドキドキするのかな」

セヨン「大丈夫、大丈夫!」

ヨンミン「だそうです(笑)」

――『Honganji』の見どころを教えてください。

ヨンミン「舞台に出てくるキャラクターの個性的な性格を、俳優さんたちが素晴らしい演技から見て取れると思います。キャラクターたちの色を感じて欲しいです」

セヨン「創作の部分もありますが、日本の歴史をいろいろ学べると思いますし、戦国時代に生きた人々の感情が見えるところが魅力じゃないかな。人々の感情に寄り添って見るとより楽しめるのではないでしょうか。あとはヨンミンの演技にもぜひ注目して欲しいですね。僕も、どんな演技をするのか想像ができないんです。だからこそ、すごく楽しみなんです。雷の衣装を着たヨンミンくんの姿もイケてるし」

ヨンミン「セヨンくんは、本気の殺陣がかっこいいです。殺陣のシーンを見たら、きっと惚れちゃうと思います♥ 僕も負けないように一生懸命やらなきゃ!」

――最後に、『Honganji』に向けた抱負を教えてください。

セヨン「皆さんのおかげで2度目の『Honganji』を演じることができることになりました。初演よりも努力をして成長した姿、最高にレベルアップした下間仲世の姿を見せたいと思いますので、初演に来てくださった方も、まだいらっしゃったことがない方も、ぜひ観に来てください」

ヨンミン「橋本雷という役をしっかりと消化して、外見だけではなく内面も見せられるような演技をしようと思っています。セヨンくんと共に、観客の皆さんの心を動かす演技を見せるので、期待していてください」

舞台『Honganji-リターンズ-』は、8月21日(日)から27日(土)まで東京・明治座にて上演! チケット発売中。


『Honganji-リターンズ-』
2016年8月21日(日) 〜 27日(土)東京・明治座
⇒ チケット発売中
陣内孝則主演! 天魔(サタン)と恐れられた織田信長とそこに立ちはだかる仏門のカリスマ石山本願寺・顕如らの生き様を鮮烈に描いた戦国人間ドラマ
詳細は公式サイトまで