「ど根性ガエル」と「けろけろけろっぴ」のコラボ漫画がまさかの連載スタート! ヒロシの娘のTシャツにけろっぴが……!?

写真拡大

けろけろけろっぴは、私が小学生のとき大好きだったサンリオキャラクターです。

そんなけろっぴと、あの名作マンガ『ど根性ガエル』が、まさかまさかのコラボレーション! 2016年8月5日(金)からWebマンガサイト「イチゴミン」で、『ど根性 !! けろけろけろっぴ !!』の連載がスタートしたんだって!

【「ど根性ガエル」ってどんなお話?】

原作の「ど根性ガエル」ではカエルのピョン吉がひょんなことから主人公・ヒロシのシャツに張り付いてしまい、以後「平面ガエル」として生きていくことに……というのが、あらすじでした。

【新連載は「父と娘」がキーワード】

今回新たにスタートした『ど根性 !! けろけろけろっぴ !!』の舞台は、『ど根性ガエル』の世界から28年後。けろっぴがヒロシの娘、ヒロコのシャツに張り付いてしまうところから始まります。しかもこの作品を手掛けた作者は、『ど根性ガエル』の生みの親・吉沢やすみさんの実娘である大月悠祐子さんだというのだから、レア感ありすぎぃ!

【ヒロコとヒロシの間に一体何が……?】

一体どのようなストーリーになっているのか、気になるので、さっそく読んでみました。ふとした瞬間に主人公がつまづいて転び、シャツにカエルが張り付くという展開は、原作とほぼおんなじ。だけど、原作のピョン吉が気っ風のいい“ど根性ガエル”だったのに対し、けろっぴは泣き虫でちょっぴり頼りなく……。

さらに、ヒロコと父親・ヒロシの間には、なにやら悲しい過去がある模様。ヒロシが家を出ていってしまったかのような描写があり、この後どうなっていくのか、展開が非常に気になります。

【原作ファンも楽しめそう♪】

また、ヒロコのライバルのような男友達、ゴリ太が、(見た目は全然違うけど)原作におけるゴリライモを彷彿とさせる名前だったり、寿司屋の梅さんが登場したり、担任の名前が南先生だったりと、かつてのファンも楽しめる要素がたっくさん!

【でこぼこコンビの活躍に期待!】

泣き虫だけど勇敢なけろっぴと、威勢がよく不良娘っぽい雰囲気を持ちながらも、過去の辛い思い出に苦しめられているヒロコ。

彼らの活躍を読むことができるのは、「イチゴミン」だけ。毎月5日に更新されるようなので、気になった方はさっそく、読んでみてねーっ

参照元:イチゴミン、サンリオ、Twitter @sanrio_news
執筆=田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら