おでん具材に“サラダチキン”、サークルKサンクス2016年度はヘルシーに。

写真拡大

サークルKサンクスは8月9日から、2016年度の「おでん」の販売を順次開始する。今年は「おいしさの追求」と「ヘルシー」をキーワードに開発した。

2016年度の「おでん」は、3種の鰹節と日高産昆布、シイタケエキスをブレンドして旨味を出し、追い鰹製法で鰹の豊かな風味をアップ。さらに隠し味として生姜汁をブレンドすることで、すっきりとした後味を実現した。

また、具材も一工夫し、調味液に塩麹を配合してやわらかくエグみのない食感を実現した「だし旨大根」(75円/税別)や、カロリーを気にする女性に大人気の「サラダチキン」(107円/税別)を新たに投入する。

ほかにも“全米No.1ソーセージブランド”と呼び声高い、ジョンソンヴィルのソーセージ「ジョンソンヴィル 無塩せき ソーセージ」(139円/税別)、こんにゃく、うずら玉子巻、焼ちくわの3つの具材を1本で楽しめる「屋台風おでん」(116円/税別)など、全部で約25アイテムを投入する予定だ。