中国空軍の轟−6K、蘇−30などの戦闘機が南沙諸島と黄岩島周辺海域で戦闘巡航を実施した。

写真拡大

中国空軍の轟−6K、蘇−30などの戦闘機が南沙(英語名スプラトリー)諸島と黄岩島(スカボロー礁)周辺海域で戦闘巡航を実施した。中国国防部(国防省)ウェブサイトが伝えた。

【その他の写真】

海洋方面の実戦化訓練の踏み込んだ発展を進め、様々な安全保障上の脅威に対処する実戦能力を高めた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)