ディズニーが選んだ“シンデレラボーイ”の魅力とは!? 映画『ジャングル・ブック』ニール・セディくんインタビュー

写真拡大

オオカミに育てられた人間の少年・モーグリの姿を描いた感動作『ジャングル・ブック』がまもなく8月11日(木・祝) より公開となります。

モーグリ以外は全てCG!驚異の映像美『ジャングル・ブック』動画を見る

1967年にアニメーション映画として製作されたウォルト・ ディズニーの遺作でもあり、 ディズニー映画の歴史の中でも特別な意味を持つ作品が、 およそ半世紀を経て最新の映像技術を駆使して実写映画としてよみがえりました。

壮大な自然を駆け巡り、 動物たちと心を通わせる一方で、 人間であるがゆえに自分の存在が動物たちにとって“脅威” ともなってしまうモーグリ。その葛藤や成長、 確かに存在する動物たちとの絆を描き出す本作ですが、実は本作、 驚くべきことに少年・ モーグリ以外の動物たちやジャングルは全てCG!

2000人を超える応募者の中から選ばれ、生命力にあふれるモー グリを見事に演じたニール・セディが先日、家族と共に日本を訪れました。

ニールくんにとって、演技をすること自体、本作が初めての経験。そんなニールくんに驚きに満ちた撮影の様子や完成した映画の魅力、そして、全世界興行収入10億ドルに迫る大ヒット作に出演したことで訪れた人生の変化などについて話を聞きました。

ディズニーが選んだシンデレラボーイは“普通”が魅力!?

Q1:生まれも育ちもニューヨーク。同地を本拠地とするメッツ(MLB)、ジャイアンツ(NFL)、ニックス(NBA) のファンで、自身もバスケ、フットボールに夢中で、 テコンドーまで習っているというニールくんですが、 そもそもこの映画に参加することになったきっかけは?

A1:たまたま、インドのダンスのレッスンを受けたんだけど、 そのクラスの先生が「こんなオーディションがあるけど、 向いてると思うよ。行ってみたらどう?」と勧めてくれたんです。

それまで、 自分が演技することなんて考えたこともなかったんだけど…。 でもやってみたらすごく楽しかったよ。オーディションは、 応募した人がひとりずつ順番に審査員の人たちの前でパフォーマンスを見せたんだけど、すぐに「エネルギーにあふれてるね」 と言ってもらえて「スポーツが得意なら、その動きをやって見せて」と指示されたんです。

それで、 テニスを打ち返す動きやテコンドーの型を見せたんだけど、 役柄を上手に演じるってことよりも、 普通の男の子っぽいところにモーグリらしさを感じて気に入っても らえたみたいです。 合格を知らされたときはベッドの上で飛び跳ねて喜んだよ(笑)。

Q2:初めての演技で、しかも実際には動物たちもいないし、 森も川もないスタジオで、 想像を膨らませながら演技するのは難しかったのでは?

A2:特に「つらくてもうイヤだ!」って思うことはなかったよ。 周りのみんなが支えて、助けてくれたから。 自分にとっても初めての挑戦で「絶対にやり通すぞ!」 って強い気持ちで臨んでいたんだ。

逆に、 これが初めての経験だったからこそ、 何ももわからなくてもそれが当たり前で、 周りも知っていることなんて期待していなかったから、 みんなに教わりながら作り上げていくことができてよかったんじゃないかなと思います。

相手役は発泡スチロール

Q3:撮影で一番楽しかったのはどのシーンですか?

A3:クマのバルーと川で歌いながら遊ぶシーンかな? 発泡スチロールのかたまりに茶色いじゅうたんを乗せたものをバル ーに見立てて撮影したんだけど、ジョン・ ファブロー監督が頭の部分を実際に演じてくれたんだ(笑)。 完成した映画の中でも一番好きなシーンだし、 バルーは動物たちの中でも一番のお気に入りのキャラクターなんだ !

Q4:完成した作品を見ての感想を教えてください。

A4:見ていて楽しいし、本当に大好きな映画になりました。 こうやって、ひとつの映画が出来上がるんだ!って感動したよ。

Q5:その中でも、スタジオで演じているときには、 こんな風になるとは思っていなかった、 完成作を見て一番驚いたシーンは?

A5:水場に動物たちがみんな集まるところかな…。
岩から少しだけ身を起こして、動物たちを眺めるんだけど、実際の撮影では目の前に何にもなくて、スクリーンに向かって演技してたんだ。 それが完成した映画を見たら、 こんなにたくさんの動物たちがいたんだ!ってすごくびっくりしたよ。

モーグリは自分そのもの

Q6:ジャングルで育ったモーグリについてはどんな印象を持ちま したか?

A6:僕のそのものだよ(笑)。すごく頑固なところがあって、 エネルギーと冒険心にあふれてる男の子だなって思いました。

Q7:ニールくんも普段から動物たちと触れ合うのは好き? モーグリのようなワイルドな生活に憧れますか?

A7:僕はロッキーという名の犬を飼ってるんだけど、 一緒にいつも遊んでるんだ。すごくかわいいし大好きだよ! できればもう1匹ほしいなと思ってて、実際にペットショップでお気に入りのコも見つけたんだけど…(後ろに控える母親をそっとうかがいながら)お母さんが「ダメ」 って…(苦笑)。

もしも僕がジャングルに行ったら? きっと1分ももたないんじゃないかな…。
今回の撮影をしたスタジオは実際のジャングルとは似ても似つかない環境で、エアコンが効いてて、 セットの横には食べきれないくらいのお菓子がいつも置いてあったよ(笑)。

Q8:日本だと、最近の子どもは(大人も!) 虫に触ったりすることもできないと言われてますけど、 ニューヨーク育ちのニールくん、虫に触ることはできる?

A8:うーん…できなくはないと思うけど、特に「虫に触りたい」 っていう“衝動”はないかな(笑)。は虫類? ちょっと遠慮しておこうかな…(笑)。

少し前に手に小さなクモがとまったことがあったんだ。 最初はくすぐったいなって思ったんだけど… 手をテーブルに置いて「どうぞ、お降りください」 って降りてもらって、そっとその場から逃げたよ(笑)。

Q9:世界中の人があなたが出ている映画を見ていて、 こうして日本にまでやってきているわけですけど、 この映画に出て、人生が変わったと思いますか?

A9:YES! もちろん、大きく変わったよ。世界中をプロモーションで回って、 こうやって日本にまで来ることにまでなったんだから。 映画が公開されて、あちこちに自分の写真があったりして、 道で声をかけられたりすることもあるよ。

でも、 学校の友達はみんな、 そんなこと気にせずに普通にいままでと同じように接してくれるよ。 いまでも同じ学校に通ってるし、大好きなスポーツも続けてる。 お父さんからはいつも言われるのは「地に足をつけて生きなさい」 ってことなんだ。