決勝T進出に望みつなぐドロー…手倉森監督「もう勝つしかない。勝ってみせます」

写真拡大

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第2節が7日に行われ、日本代表はコロンビア代表と2−2で引き分けた。

 手倉森誠監督が「勝ちたかったですけどね、内容も良かっただけに」と話したように、前半から試合の主導権を握った日本。しかしスコアレスで前半を終えると、59分、65分と立て続けに失点してしまった。

 直後の67分に浅野拓磨(アーセナル)のゴールで1点を返し、74分には中島翔哉(FC東京)の鮮やかなミドルシュートで同点に。このままドローで試合を終えたことで、なんとか決勝トーナメント進出に望みをつないだ。

 ナイジェリア戦から4人を変更した手倉森監督は、「やっぱりみんなで体力を分散しながら戦っていく。ディフェンスラインは5失点したけど、自信を取り戻せって。GKだけ代えた形になりましたけど。役割を全うしてくれたと思います」と、初戦で大量失点を喫したディフェンス陣に挽回のチャンスを与えたという。

 試合の入り方については「もう取りに行くしかないという攻撃的精神で、前からのプレスと取ったあとの前への仕掛け。選手はこのタフな環境の中で今日の全力を出してくれたなと思います」と説明すると、「また追いかける展開になったのでね。それでもビハインドからよく2−2に追いつけて、可能性が残っただけ、まだ国民の皆さんには楽しんでもらえる時間ができたかなと思います」とコメント。

 そして「戦いながら強くなっているなっていう手応えを3戦目で証明できればなと思います。もう勝つしかない。勝ってみせます」と、10日に行われるスウェーデン戦へ向けて意気込んだ。