キャンペーンソングに大抜擢! 話題の「リトグリ」が『ジャングル・ブック』の魅力を語る!

写真拡大

 

 

故ウォルト・ディズニーが手がけた最後のディズニー・アニメーション「ジャングル・ブック」(1967年)が、最先端の映像技術によって実写映画化され、この夏スクリーンに登場します!!

 

タイトルはズバリ『ジャングル・ブック』。

THE JUNGLE BOOK
 

ジャングルにひとり取り残され、動物たちによって育てられた人間の子モーグリは、ジャングルの仲間たちと平和に暮らしていました。

THE JUNGLE BOOK
 
ところが、人間への復讐心に燃えるトラのシア・カーンはそんな彼を「ジャングルの敵」とみなし、刃を向けます。

THE JUNGLE BOOK
 
果たしてモーグリを守ろうとするジャングルの仲間たちの運命は…?

THE JUNGLE BOOK
 
モーグリはジャングルの“希望”? それとも“脅威”なのでしょうか…?

 

 

迫力たっぷり、見応え満点の感動作品として歴史に残ること間違いなしのこの作品。

日本版キャンペーン・ソング「君のようになりたい」のシンガーには“リトグリ”ことLittle Glee Monster(リトルグリーモンスター)が大抜擢されました!!

 

デビュー2年目、全員まだ10代というフレッシュな女子高生ボーカルグループですが、大型フェスの参戦や、有名アーティストとの共演も果たし、TV主題歌、CM曲も歌い上げる実力派で、業界の注目度も年々上昇中!!

 

今回はそんなリトグリのみなさんの元を直撃☆

作品の魅力について語っていただきました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  
左から、かれん、MAYU、芹奈、manaka、麻珠、アサヒ
 

では、注目のボーカルグループによる、注目映画の、注目ポイントを早速どうぞ♪

 

 

――まずは映画『ジャングル・ブック』の感想からお願いします!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
アサヒ:「最初から最後までドキドキでした。みんなで2Dで観たんですが、一緒に体が動いちゃうくらい迫力があって、主人公モーグリの成長にも感動できて素晴らしい映画でした!」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
麻珠:「感動できるポイントがたくさんあって、自然と涙がでてきちゃう作品です。主人公モーグリの頑張る姿をみて、自分が応援されてるような気持ちになるというか、自分も頑張ろうって思える映画でした。すごく力をもらえました!」
 


――そんな映画のキャンペーン・ソングを担当すると決まった時の心境は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
芹奈:「小さいころからずっとディズニーが好きで、いつかディズニーに関わる仕事がしたい!と思っていたので、最初は嬉しすぎて現実が受け止められませんでした」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
かれん:「私は家に『ジャングル・ブック』の絵本があって、元々お話も知っていたので、キャンペーン・ソングを歌えると知ってすごく嬉しかったです!」
 


――レコーディングはいかがでしたか?
 

芹奈:「いつも以上に気合いが入りました!! そのせいか心臓がバクバクの状態で、久々にレコーディングで緊張しちゃいました(笑)」
 

かれん:「ジャズは初めての挑戦だったんですが、映画に感動した分、シーンを思い浮かべながら登場人物(動物)たちになりきって歌えました!」
 


――楽曲の聴きどころを教えてください!
 

manaka:「日本語バージョンと英語バージョンを録ったんですが、どちらもそれぞれの言語をいかした聴きどころがあります。英語バージョンはジャズの要素が強いので、ジャングルを思い浮かべながら、重めな感じというか、大人っぽさを意識しました。カッコよさあふれる仕上がりになっています! 日本語バージョンは、主人公のモーグリを思い浮かべながら、若い少年がジャングルを駆け巡っているような楽しい気持ちでレコーディングしました!」
 


――リトグリはボーカルグループということで、SNSでもいろんな人の“リトグリ歌ってみた”“リトグリ真似してみた”という動画があがっていますが、今回の曲に関してみんなが上手に歌うポイントは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
manaka:「この曲は難しいけど、まずは映画を観てイメージをわかせることが大切だと思います! 日本語も英語も共通しているのは、6人みんなが“なりきって”歌っていることなんです。なので、歌唱法というよりも、楽しみながらというか…」


麻珠:「楽しみながら演じる!! ことがポイントですね!」
 

メンバー:「うんうん、それそれ!」

 


――ではここで、プライベートで楽しんでいること、ハマっていることを教えてください!
 

manaka:「刺しゅうです!  刺しゅうの入ったアイテムが友達の中で流行っていて、古着屋さんとかに見に行くんですけど、ちょっとだけ色が惜しかったり、高かったりするので、じゃあ、作っちゃえ!って。まだ始めたばかりですが、道具も安くそろうし手軽に始められるのでおすすめです!」


 
アサヒ:「私は最近、ネットでレコードを買ったんですけど、レコードプレーヤーの針が壊れちゃって聴けないんですよ〜。なので、早く針を直して聴きたいと思います!」
 

メンバー:「え!?(笑)」


MAYU:「それ、ハマってることじゃなくて、ただの近況報告(笑)」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
かれん:「私は料理! 人生で初めて肉じゃがを作りました♡」
 


――お菓子とかじゃなくて、あえての肉じゃがなんですか? 渋いですね!
 

メンバー:「いやいやいや!」
 

芹奈:「かれんはお菓子作り、クッキーとかめっっちゃうまいんですよ〜!」
 

manaka:「お菓子作りはもともとで、最近は料理ってことですね!」
 


――ではこの夏に、チャレンジしたい事はありますか?


OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
manaka:「リトグリとしては、バンドをしたいです!」


OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

MAYU:「超個人的には沖縄に行きたいんですよ〜! その前に腹筋を割りたいです。夏は衣装でもおなかを出したり、短パンをはくことも多いので、キレイなおなかと脚を目指してエクササイズしたり、マッサージしたりしてます!」
 


――何か10代のうちにやり遂げたいことはありますか?


OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
芹奈:「全員が高校生のうちにワンマンで武道館ライブをやる、という夢は変わらず持ち続けているので、今年度中に絶対に叶えたいです!」


 

――楽しみにしています!! では最後に『ジャングル・ブック』をこれから鑑賞するみんなへメッセージを!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
MAYU:「『ジャングル・ブック』は何度も観たいと思える作品です! どの世代が観ても、感じることが違うと思うので、お友達や家族と映画館に行くのもいいと思いますが、私のおすすめはひとりで観に行くこと。いろんな感情になれるので、楽しくなりたい人も、泣いて涙活したい人も、満足して気持ちよく帰れる映画だと思います!」

 

 

Little Glee Monsterのみなさん、ありがとうございました!

 

たしかに、この作品はみんなではもちろん、あえてひとりで映画館に行くことで、まわりの目を気にすることなく、素直にいろんな感情によりひたれる作品かもしれません。

 

映画館を出るころにはデトックスしたような、すがすがしい気持ちになれちゃうかも!

 

 

リトグリが歌うキャンペーン・ソングにも注目しつつ、ぜひ映画館で自然あふれる壮大な世界観をお楽しみください♪

 

 

ポスター 
『ジャングル・ブック』

8月11日(木・祝)全国ロードショー

配給/ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

©2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..