7日、中国が東シナ海のガス田開発の海洋プラットホームにレーダーを設置していたことが分かり、日本政府が抗議したことについて、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年8月7日、中国メディアの観察者網は日本メディアの報道を引用し、中国が東シナ海のガス田開発の海洋プラットホームにレーダーを設置していたことが分かり、日本政府が抗議したと伝えた。

報道によると、東シナ海の日中中間線付近には16基の海洋プラットホームがあるが、そのうちの1基に水上船舶を探知する水上レーダーを設置していたことが分かった。これは日中中間線付近の海洋プラットホームに設置されたレーダーとしては初めてのもので、日本政府は外交ルートを通して中国政府に対して抗議した。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本が怒るのを見るとすごくうれしくなる」
「日本が中国に抗議するのを見ると、何とも言えない快楽感に浸れる」

「いいね。ついに他人から抗議されるようになったか。申し訳ないがちょっと気分がいい」
「抗議する体力を温存しておいた方がいいぞ。来年にはミサイルを配置するから」

「このレーダー設置と日本から抗議されたことは100点満点だ!」
「わが国の国土に何を設置しようが、日本には関係ない」

「抗議は無効ですけどね」
「俺も抗議しよう。レーダーが少なすぎることに抗議だ!」

「あれは単にテレビを見るための衛星アンテナです」
「あれはレーダーではなく、宇宙人からの信号を受け取るためのものなんだよ」(翻訳・編集/山中)