ポケモンGO、すでに1億2,000万ドル以上の「課金」 App Storeドル箱化への道

写真拡大 (全2枚)

アップルは、App Storeが今年7月、前例にないほどの売り上げを記録したと発表した。空前のブームを巻き起こしたポケモンGOの成功は、製品の売り上げが伸び悩むアップルにとって、App Storeがひとつの収入源となる可能性を示している。

「ポケモンGO、すでに1億2,000万ドル以上の「課金」 App Storeドル箱化への道」の写真・リンク付きの記事はこちら

アップルのティム・クックCEOは、「Pokemon Go」(ポケモンGO)をどう発音するのか知らないようだ。7月26日(米国時間)に行われた収支報告では「ポーキー・マン」と発音していた。しかし、だからといってポケモンGOがアップルにとって、アップルの収益にとって、重要でないわけではない。

クックCEOは8月3日、App Storeが7月に前例のない売り上げを記録したとツイートした

アップルのうらやましいばかりの収益力は相変わらずだが、投資家たちは心配をしている。iPhoneの売り上げが減少しており、Apple WatchとApple TVがその埋め合わせになっていないからだ。実は、前四半期に売り上げが増えたのは悪く言われることが多いタブレットiPadだけで、そのiPadも販売数は前年同期より減少した。価格が高いiPad Proが売り上げを支えたのだろう。

そんななか、長い時間をかけて孵化させたタマゴからシャワーズが現れたかのように、思いがけないヒーローが登場した。App Storeだ。

「ポケモン」という産業

アプリビジネスはこのところ非常に大きな変化を迎えている。たしかに開発者がアプリでお金を稼ぐのは相変わらず簡単ではないが、App Storeがアップルの中核事業にとっての「添え物」に終わる運命にあるわけではない。

調査会社アップアニーによると、ポケモンGOはApp Storeが提供されている地域の半数に満たない地域への公開で、1カ月足らずで1億2,000万ドル以上のアプリ課金を生み出した。またSensor Tower社によると、7月30日〜8月1日の週末は、1日の平均利用時間は30分近くだった。

「最初の1カ月のパフォーマンスはものすごい」と、アップアニー幹部のファビアン・ピエール=ニコラは語る。彼によると、日本ではポケモンGOをダウンロードした人の4人に1人が毎日プレイしている。先日、ポケモンGOはダウンロード数が1億件を突破した。

ポケモンGO本体だけでこれだ。さらに、近くにいるポケモンはどこを探せば見つかるのかがわかるというマップアプリ「Go Gear」が、App Storeの有料アプリの第2位になっている(ポケモンGOを開発するナイアンティックが最新アップデートでそうしたマップを無効にしたが、一部の開発者が回避策を見つけている)。同様のアプリがたくさんトップ100に入っている。ピエール=ニコラによれば、ポケモンはひとつの「産業」を形成しているのだ。有料アプリはApp Store売り上げの3〜4パーセントにすぎないとはいえ。

ポケモンGOは今回の成功を、ほかのアプリから客を奪うことなく成し遂げた。アップアニーの分析によると、ポケモンGOの売り上げの分だけ、全体の売り上げが増加しているのだ。またポケモンGOは、同じような戦略でつくられるゲームの可能性を証明している。

「知的財産と素晴らしい制作の組み合わせの力を証明している」とピエール=ニコラは語る。「人々に愛されている知的財産を、ゲーム開発者がすでにあるゲームに単に結びつけるのではなく、ようやくフルに活用し始めたのだ」。彼によれば、漫画出版社のマーベルからセレブのキム・カーダシアンまで、いずれもApp Storeである程度の成功を収めている。

App Storeの進化

ポケモンGOは、多くの人が推測しているよりも強力にApp Storeを基盤にしている。ジャックダウ・リサーチのジャン・ドーソンの推計によれば、App Storeの2015年の売り上げはおそらく約60億ドルだ。アップルの直近の収益発表では、アップルのサーヴィス部門の売り上げ(App Storeの売り上げはここに含まれる)は前年比で19パーセント増加し、アップルの四半期の純売上総額の14パーセントを占めた。

公平を期すると、この数字には、特許争いでサムスンから入った5億4,800万ドルが影響している。さらにサーヴィス部門には、iTunes、iBooks、およびApple Musicが含まれる。ただ、この売り上げはポケモンGOの7月の公開より前の話だ。つまり、すでに強力な部門がさらに押し上げられようとしているのだ。

ポケモンGOの好景気は、学校の新学期が始まると消えてしまう一時的なものである可能性はある。しかし、現在の成長率と利用状況からは、ポケモンGOには持続力があることがうかがえる。何が起きているにせよ、ポケモンGOの成功は、App Storeが補足的なものである必要がないことを証明している。

大流行が次々と起きて、App Storeが将来、アップルで重要な役割を担うようになる可能性はある。その大流行を、クックCEOがきちんと発音できないかもしれないとしても。

RELATED