スペースを有効活用!キッチンをもっと使いやすくする収納術

写真拡大

みなさん、キッチンの収納を有効活用できていますか?調理器具や調味料、洗剤など、キッチン周りはどうしてもモノが増えてしまって、ごちゃごちゃしがちです。かといって、収納スペースも限られているため、なかなかうまく片付けておくのが難しい、というのが本音ではないでしょうか。そこで今回は、収納を有効活用し、使いやすいキッチンにしてしまう収納術をご紹介していきます。キッチンがいつも汚いなあと悩んでいた方、ぜひこちらの方法をお試しください。

■ キッチンをもっと使いやすくする収納術とは?

◎ 流し台の下はいつも使う調理器具を中心に

流し台の下の収納は、いつも使う調理器具を中心にしまいましょう。フライパンやお鍋、包丁、まな板といった毎日必ず使う調理器具をしまっておき、フライパンを持ってくるのに無駄な移動が発生しないようにしましょう。また、これらの調理器具とよく一緒に使う油やふきんといったものも、こちらに収納しておくと便利です。

◎ 調理台の上にはなるべくモノを置かない

調理台の上に、なにかと調味料などを並べてしまいたくなる気持ちは非常によくわかります。しかし、キッチンの調理台はいわば仕事で使うデスクです。ごちゃごちゃとがモノが置いてあると、肝心の作業スペースが狭くなってしまい、料理がしにくくなります。できるだけ調理台にはモノを置かず、いつでもまな板を取り出して料理が始められる状態にしておきましょう。

◎ 突っ張り棒で空間を有効活用

キッチンが狭くてモノを置くスペースが確保できない…という方におすすめなのが、突っ張り棒を使用することです。突っ張り棒をキッチンの上のスペースに使うことで、今まで使うことのできなかった空間を収納スペースとして使うことができます。突っ張り棒を2本使い、その上に木の板を置き、収納スペースとして使ってもOKです。1本の突っ張り棒とS字フックを組み合わせて、お玉や菜箸、ヘラといった調理器具をひっかけておいても、調理器具が取り出しやすくて非常に便利です。

■ 快適な空間を作ることでお料理を楽しく

キッチンをもっと使いやすくする収納術をご紹介しました。お料理は毎日行うものですから、工夫して快適に行えるように準備をしておきましょう。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・sou 編集:nanapi編集部)