「嫌われ者」ヒラリーも簡単に変わる? 支持を得るための3つの策

写真拡大

最も厳しく彼女を批判する人物として知られる米トークショー司会者、ラッシュ・リンボーはヒラリー・クリントンを「ラチェッド婦長」(映画「カッコーの巣の上で」に登場する絶対的な権力者)と呼ぶ。クリントンに心酔する支持者の一人、弁護士のラニー・デービスは彼女を、「一番の親友、一番善良な人」と呼ぶ。

この両極端な意見の間のどこかに位置するのが、本当のヒラリー・クリントンだろう。ただ、そのヒラリーは相変わらず、約25年に及ぶ公人(大統領夫人、上院議員、国務長官、大統領候補)としての生活と、イメージコンサルタントやマーケティング・広報戦略の専門家、ハリウッドの友人たちによる数えきれないほどの「変身させる」ための試みにもかかわらず、米国で最も世論を二極化させる政治家の一人だ。

最近の世論調査によると、米国民の55%はヒラリーに悪い印象を持っている。不支持率はドナルド・トランプの70%ほど高くはないが、米合衆国大統領を目指す人物としては、ひどいものだ。本当に好ましい人物になれる、飛び抜けて素晴らしい人にさえなれると国民に納得してもらうために、ヒラリーはこれからおよそ100日の間に何をすればいいだろうか。簡単に実行できる方法は、次の3つだ。

1. もっと笑顔をみせる

人は楽しそうに見える人が好きだ。楽しそうに見える人には自信があるように思える。そして、そう思ってもらうにはまず、笑顔が必要だ。ヒラリーに近い人たちに聞くと、少人数の身近な人たちと一緒にいるときのヒラリーは、温かみがあり、楽しいことが好きで、親しみを感じさせる人なのだという。

だが、それがインタビューから伝わってくることはほとんどない。スピーチなら、なおさらそうだ。ヒラリーの演説は、永遠に続くのかと思えるほど長く感じる。もっとリラックスして、使い古された決まり文句を言うのはやめ、自分の政策や中身の強さについて、わざとらしくならないように話した方がいい。

2. 現実的に考える

ヒラリーはさまざまな場所を訪れ、それぞれの物語を持つ何千もの人たちと出会ってきた。その多く人たちの物語は、勇気や不屈の精神について語る、興味深いもののはずだ。だが、ヒラリーはたいてい、それらをインタビューや演説の中で美化し、持って回ったような要約を付け加えてしまう。

こうした人たちとの出会いや親密さについて色々と語るのではなく、その人たちの勇敢な行動の内容について具体的に説明し、その話を聞いたときの自分の気持ちを話せばいい(自らの感情を示すことになる)。その人たちの苦しみについてはそれとなく触れただけで自分の決意について語り出せば、お高くとまった人との印象をさらに強めてしまうだろう。

3. 威張り散らさない

けたたましい、人を威嚇する、といわれていることが、ヒラリーは性差別主義、ダブル・スタンダード、との批判につながっている。実際には、誰よりも威張りちらし、米国の政治の舞台を汚しているのがドナルド・トランプであることは間違いない。ただ、それでもヒラリーにはしつこい言い方をする傾向があり、それは人に不快感を与え得るもので、本人にとっては自滅的でさえあるということに変わりはない。

先月行われた民主党全国大会でヒラリーは、次のように指名受諾演説を締めくくった。私(記者)がヒラリーのコミュニケーション担当の顧問なら、この言葉を常に掲示板に貼り出し、彼女が公の場に出ていくときには必ず、思い出してもらいたいものだ。

「米国の強さは、暴言を吐くことから来るものではない。賢明さと分別、冷静な決意からくるものだ…」