7日、中国台湾網によると、訪日した台湾立法院長の「親日発言」に、国民党主席から批判の声が上がった。写真は国民党の洪秀柱主席。

写真拡大

2016年8月7日、中国台湾網によると、訪日した台湾立法院長の「親日発言」に、国民党主席から批判の声が上がった。

民進党所属の蘇嘉全(スー・ジアチュエン)立法院長は、今月初めに代表団と共に訪日した際、日台関係について「夫婦のようなもの。台湾が泣けば、日本も泣く。日本が笑えば、台湾も笑う」と述べた。

これに対して国民党の洪秀柱(ホン・シウジュー)主席は、「民進党は日本が現在に至るまで第2次世界大戦の侵略の罪を認めず、南京大虐殺を否定し、台湾の慰安婦を認めないことを忘れたのか」と厳しく批判。

洪主席は、「安倍政権は、韓国に賠償と謝罪をしておきながら、しばらくすると国内で慰安婦の強制徴用を否定する。これまで真摯に自国の侵略の悪行を反省したことのない政府と、私たちは共に泣いたり笑ったりできるのだろうか?」と疑問を呈した。

また、「日本政府は台湾との友好を強調し、台湾からの支援金を受け取りながら、台湾の慰安婦に対する謝罪を拒否し、公海上で台湾の漁船を拿捕している。日本政府との友好のイメージづくりのために、安倍政権の本質を見落としてはならない」とした。(翻訳・編集/北田)