市販の麺をもっとおいしく食べる方法!これでグレードアップ

写真拡大

インスタント乾麺や生麺などは自宅でかんたんに麺料理を楽しむためには非常に便利です。ラーメンが自宅で食べたいとき、インスタントラーメンも便利ですよね。しかしこれらの麺ものも、毎回同じ作り方や同じインスタントラーメンを食べていると、いずれ飽きてしまいます。そこで、今回はこれらのインスタント乾麺や生麺、インスタントラーメンにちょっとした工夫をするだけで、これまでとは違った楽しみ方ができる方法をご紹介させていただきます。麺好きの方はぜひお試しください!

■ 様々なタイプの麺をおいしく食べる方法

では実際に、色々なタイプの麺類をさらにおいしくいただく方法をご紹介していきましょう。

◎ 焼きそばの麺をもっとおいしく食べる方法

焼きそばの麺をさらに美味しく食べるためのひと工夫は、麺を炒める前に一度洗うことです。焼きそばの麺には表面に油がついており、これがついたままだと、ソースがなじみにくいのです。そこで、焼きそばの麺を炒める前に軽く洗い流すことで、油がとれてソースがなじみやすくなります。こうすることで、さらにおいしく焼きそばを食べることができます。

※ 焼きそばは炒める前に麺を洗う!

◎ 市販のうどんをさらに美味しく食べる方法

スーパーなどで売られているうどんの麺をさらに美味しく食べるひと工夫は、茹でる前に、30秒ほどレンジで加熱することです。そうすることで、麺の余分な水分を飛ばし、コシが出ます。市販のうどんには水分が多く含まれているので、これをレンジで加熱することで減らして、コシのある麺に仕上げるというわけです。

※ うどんは茹でる前にレンジで加熱!

◎ インスタントラーメンをひと工夫でさらにおいしく仕上げる方法

インスタントラーメンをさらにおいしく食べる方法としては、麺を「かため」お湯を「少なめ」で食べる方法があげられるでしょう。もちろん、かための麺やあまり濃い味つけが好きではない、という方にはあまりおすすめできませんが、茹で時間を短く、お湯の量を少なくすることで、普段よりも違う食感、濃い味付けを楽しむことができます。さらに、ごま油をプラスすることで、風味豊かなラーメンに仕上がります。

※ インスタントラーメンは茹で時間を短く、お湯の量は少なめで!

■ いつもの麺にひと工夫で楽しもう!

普段の麺類をさらにおいしく食べる方法をご紹介させていただきました。いつものアレにひと工夫で、毎日の食事を楽しんでみてくださいね。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・sou 編集:nanapi編集部)