8月9日(火)から販売される「三色丼」(並盛580円、大盛790円)

写真拡大

牛めし、カレー、定食、その他丼物でおなじみの松屋が、夏らしい爽やかな「三色丼」を販売する。

【写真を見る】まぐろ・山形だし・とろろで構成されている「三色丼」

8月9日(火)の10:00から販売がスタートするのは、「三色丼」(並盛580円、大盛790円)と「三色丼国産生野菜セット」(並盛650円、大盛860円)の2種類。商品開発部の女性社員によって開発されたメニューで、昨年は一部の店舗においてテスト販売。今年はリニューアルして全国の松屋で販売される。

まぐろと山形だし、とろろで構成され、化学調味料や人工甘味料、合成着色料、合成保存料も不使用。さっぱりとした味わいを楽しめ、身体に優しい自然さも魅力な夏の新作メニューとなっている。

連日の猛暑によって夏バテ気味でも、食欲をそそる「三色丼」でしっかりと元気をつけてみてはいかがだろうか。【ウォーカープラス編集部/コタニ】