果たしてその効果はバイアグラを超えるのか…? 【写真:川口友万】

写真拡大 (全2枚)

女性用媚薬を個人輸入した



 女性用媚薬として注目されていた抗うつ剤フリバンセリンが米国FDAの認可を受け、発売になった。その効果は本当なのか? 試用してみた。

------------------------

 これがフリバンセリン。正規品は『アディ(addyi)』という名前で、アメリカでは2015年10月からスプラウト・ファーマシューティカルズが販売している。

「えぐい色ですね。でけえし」

 女性用の媚薬である。バイアグラの驚異的な売り上げとその効果は、飲んだら誰でもわかる、強力なレベルだ。

 当然、バイアグラのように効く女性用の媚薬はないのか? と考えるだろう。考えて探して出てきたのが、抗うつ剤のフリバンセリン。

 『アディ(addyi)』はやたらに高い(4錠で5000円前後!)ので、ジェネリックの『フルバン』を購入。こちらは半額以下だ。

 閉経前女性の性的欲求低下障害を改善する、つまり中年女性向けの薬である。若い娘さんには関係ない。さっそく編集部のセックスレスうん年の女性を実験台にする。

「飲めばいいんですか?」

 そうそう。抗うつ剤だから、軽い吐き気があるかも。だから水を多めに飲んで、これ、胃薬。

「大丈夫なんですか?」

 大丈夫だろう、たぶん。

「たぶん?」

 胃から、吸収されるので効果が出るのは早くても30分後かな。常識的に考えれば2時間ぐらいかかると思うけど。

「したくなっちゃったらどうするんですか!」

 そうなったら面白いけど、そんなに便利なものはないだろう。

「バイアグラは?」

 飲んでもしたくなるわけじゃない。あれはホスホジエステラーゼ(PDE)-5という、血管が収縮する物質が出るのを阻害するの。

 だから勃起したらそのまま血が送られ続けて、起ちっぱなしになる。問題は最初の勃起ができるかどうかで、そもそもが血管がダメになってる糖尿病やストレス性のEDには効かない。

「わかりました。飲んでみますね」

果たしてその効果は?



 2時間経過。どうよ?

「眠い」

 えーと副作用に、嘔吐や眠気、低血圧とあるね。

「あとは別に」

 そうなの?

「まったく」

 ゼロ?

「マイナス?」

 ふーん、じゃあ本当なんだ。

「何がです?」

 臨床試験で性的欲求が改善された人は46〜60%なんだけど、1日1錠を3週間以上継続しての結果なんだな。

 つまり毎日飲んで、1カ月ぐらいしてようやく半数ぐらいの人に効く。

「何ですか、それ。ダメじゃねえですか」

 ダメだねえ。飲んだたら、もうどうにでもして! なんて薬なら面白いけど、そういうのじゃないんだ。ビタミン剤みたいなもんだな。

「それにしちゃ高くないですか?」

 高いんだよ。1カ月分で14〜18万円もする。それでバイアグラみたいに物理的に効果が出ればいいけど、効果が出るかどうかは丁半バクチなわけだ。

「なんでそんなものを売りますかね。眠いんで、私、帰りますね」

 はい、お疲れ様。

 女性をその気にさせる薬は男の夢だが、そんないいものはこの世にはないのだ。もしよからぬことを考えている男性がいたら、やめておけと言っておこう。無駄無駄無駄、だ。

取材・文 川口 友万