ミレニアル世代へのマーケティングを展開する上で知っておくべき6つのこと

写真拡大

ミレニアル世代は、ベビーブーマー世代の退職によってできる”空き”を着実に埋め、労働力の中で最も大きな割合を構成している。どの世代も同じだが、彼らにもまた独特な特徴がある。そして彼らの購買力はとてつもなく大きく、それを無視できる企業はないはずだ。

そんなミレニアル世代を対象としたマーケティングにおいて、知っておくべきことを以下に挙げる。

彼らは均一ではない

ミレニアル世代について、まず知っておくべきことがこれだ。彼らは、そのほかの世代のように単純で分かりやすい消費者層ではない。効果的なマーケティングを考案するためには、ミレニアル世代について深く掘り下げる必要がある。

彼らはこれまでで最も多様性に満ちた世代で、シングルマザーから中産階級の専門職に至るまでの、あらゆるタイプの人で構成されている。彼らはどの社会階層にも、あらゆる業界(アプリケーションからファッショントレンド、マーケティングに至るまで)にもいる。マーケティング担当者は統計的データよりも、こうしたセグメントをベースにした考え方をしなければならない。

ネット接続は当たり前

ミレニアル世代は、テクノロジーが身近な環境で育った最初の世代であり、常に”つながっている”ことに慣れている。彼らの大多数は同時に複数のデバイスに接続しており、絶えずインターネットにアクセスできる環境にないと無力感を感じるようになる。

各ブランドはミレニアル世代と常にコミュニケーションを維持し、彼らが望んだタイミングでのサポートを提供できなければならない。「9時から5時まで」は死語だ。

共有文化

ミレニアル世代は従来にも増してソーシャルメディアに多くの時間を費やしている。ソーシャルメディアは彼らの”共有文化”の象徴であり、マーケティングの最先端にいる企業は、常にソーシャルメディアとの新しい携わり方を模索している。

だが全てのソーシャルメディアが自分のブランドに合っている訳ではない。ターゲットとしているセグメントが集まっている可能性が高い場所を検討すべきだ。

押し売りは忘れろ

ミレニアル世代には、押し売りは通用しない。彼ら自身に、購入の決断を下させることが必要だ。

たとえばファッション業界では、影響力のある人に商品を宣伝させる。ほかの人が商品を身に着けているのを見せる方が、押し売りよりもずっと効果的だ。

これは、ミレニアル世代が信ぴょう性を重んじるためだ。宣伝用コピーよりも、同じ消費者の言うことに耳を傾ける可能性の方が高い。

モバイル改革の影響

モバイル改革によって、ミレニアル世代はどこにいてもネット接続を維持できるようになった。彼らが自宅からウェブサイトにアクセスしているという前提でマーケティングを考えるべきではない。

マーケティングはもうオムニチャネルの問題になっており、小売戦略もそれに対応しなければならなくなっている。オンライン、オフラインとモバイルの個々の戦略などというものはない。全て一つに融合しているのだ。

ロイヤリティを勝ち取るのは困難だが

ミレニアル世代は、有名ブランドに固執しない。対照的にベビーブーマー世代は有名ブランドにこだわってきた。知っているブランドを使い続けた方が安心感があったからだ。ミレニアル世代の台頭で、各ブランドは顧客にロイヤリティ(忠誠心)を期待できるという考え方に頼るのをやめざるを得なくなった。今ではロイヤリティは、積極的に勝ち取り、維持しなければならないものだ。

こうなると、ミレニアル世代は何についても長期間忠誠心を持つことがないのだという考え方に陥りがちだが、それは全くの誤解だ。自分たちのブランドの大義になびかせるのはより難しいかもしれないが、いったん支持したら彼らは最も忠誠心のある顧客になる傾向がある。

マーケティング担当者たちは、ロイヤリティの維持が持続的プロセスであることを認識しなければならない。

結論

ミレニアル世代が労働力の大部分を占める状況に慣れることが必要だ。マーケティング担当者たちは、彼らが何に反応し、何を重要視しているかを学ばなければならない。それこそが、あなたの組織の事業が未来に向けて前進していくのに必要な突破口である可能性があるのだ。