先生は“見てる”だけ!? いま必要な「教えない授業」の大きなメリット

写真拡大

オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授の調査によると、日本では、「10〜20年以内にいまある仕事の49%が自動化可能」とされています。

子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明! あなたはどのタイプ?

シンプルな仕事ほどAIやロボットが代わりに担当することになるのでしょう。

それを見越して、「幅広い教養、課題発見・解決力、外国語によるコミュニケーション能力、自らの考えや意見を論理的に発信する力」が産業界では求められるようになりました。

今まで通りの詰め込み式の学びでは、将来上記のAIやロボットに太刀打ちできません。

そんな時代の変化に合わせ、なんと「教えない」授業という、新たな取り組みを行っている学校があります。

名門校「都立両国高等学校・附属中学校」の教えない授業とは?

皆さんもよくご存じかと思いますが、2020年度から大学入試が大きく変わります。特に英語は変化しそうとのこと。

そもそも英語の試験では、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4つの技能をテストするものですが、これまで重視されてこなかった「話す」という部分が試されるようになるのです。

ただ、英語が話せるというだけではダメで、「自分の考えをどう話せるか」が問われるのです。

東京の名門校のひとつである、都立両国高等学校・附属中学校の英語教師が取り組んでいるのは、「教えない」。なんと、「教えない」授業が展開されているのです。

教師が教えないため、代わりに教壇に立つのは……、そう生徒自身。

生徒がペアを組んだり、グループを組んだりして授業を展開。その間、教師は教室の後ろにおり、その展開を見守っているのです。

教師は見てるだけ!? 「教える」では身につかない学力

教師から与えられたテーマについて、生徒同士が英語でディスカッション。予めテーマが決まっているので、担当者グループは、それに関する情報やデータを事前に集める必要があります。

そして、グループで議論しながら発表するのです。

教師が一方的に教える授業ではなく、生徒同士でフォローし合いながら学ぶので、より内容を吸収するのです。

また、発表で自分のパートがあると、チームメイトに迷惑をかけないために、授業への集中力が高まるのです。

この「教えない授業」は、文科省提唱の「アクティブ・ラーニング」の手法で行われています。「生徒の自立を促し、学ぶ楽しさを実感させることで結果として成績を伸ばす授業」とも言えるでしょう。

AI時代に向けた、“能動的”な学び方

「授業で自然と英語が身につき、中3で英検準1級を取りました(高3男子)」

「答えを教えることをやめたら、生徒たちがグループ学習で課題をどんどん解決していくのです。驚きでした(生物科教師)」

「娘に『勉強しなさい』と言ったことは一度もありません(保護者)」

「能動的に動くことがこんなにも楽しいとは思いませんでした(高3女子)」

実際にこのタイプの授業を行う山本崇雄さんの著書『なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか』では、様々な効果が紹介されています。

変わりゆく未来に対応するために、コミュニケーション能力の高い人材を育てる手法だと言えるでしょう。

能動的に考え動くための教育は、家庭のなかでもできるかもしれませんね。ぜひ、皆さんも「教えない授業」を取り入れてみてはいかがでしょう。