【管理栄養士がアドバイス】ぐっすり眠るために必要な食事って?

写真拡大

夜中にふと目が覚めしてしまうことは、ありませんか?さらに、そのまま寝付けなくなり、次の日がつらくて仕方ない、という人も多いでしょう。より快適な睡眠をとるためには、「トリプトファン」という栄養素が大切だと言われています。

トリプトファンって
どんな栄養?

トリプトファンは、牛乳から発見されたアミノ酸の一種です。眠りを促すホルモン「メラトニン」の原料「セロトニン」を合成する上で、もっとも重要とされています。体内で生成できない栄養素なため、タイミングに気をつけ、食事から摂取しましょう。

トリプトファンを多く含む食材として、レバー、小麦胚芽、乳類、大豆、アーモンド、カツオ、マグロなどが挙げられます。これらを食事に取り入れることで、快適な睡眠を促す効果が期待できます!

摂取の
タイミングも大切

一番最適なタイミングは、午前中の空腹時とされています。それは、眠りを促すホルモンのセロトニンが、日中に太陽の光の影響を受けて生成されるからです。よって、セロトニンを生成するためには、トリプトファンを午前中の、とくに吸収しやすい空腹時に摂ることが有効となります。また、朝ごはんにトリプトファンを含む食材を取り入れることを心掛けましょう。

快適な睡眠は、脳と体の疲れをとるだけでなく、老化防止やストレス解消にもつながるといわれています。つい夜更かししてしまいがちな人も、トリプトファンを上手に取り入れて、ベストな睡眠を手に入れましょう。