国際大学グローバル・コミュニケーション・センター講師 山口真一氏

写真拡大

「ネット炎上」とは、インターネット上で個人や組織などに批判・攻撃が集中する現象を指す言葉だ。それはときに言葉の応酬にとどまらず、行き過ぎると社会的制裁にまで発展する場合もある。実社会にまで影響を及ぼすようになったネット炎上現象。誰が、どんな理由で炎上に加担しているのか。ソーシャルメディア上の発言がもとで何度かの炎上経験をもつ為末大氏と、そんなネット炎上を学術的に研究する山口真一氏。炎の中と外、それぞれから見える風景を重ね合わせることで、見えてきた「ネット炎上」の実体とは――。

■炎上加担者のプロフィールが浮かび上がってきた

【為末】ネット炎上を学術的に研究されているそうですね。

【山口】はい。計量経済学という統計的手法で炎上に加担する人のプロファイリングをしました。その結果を出版したところ(『ネット炎上の研究』田中辰雄・山口真一著、勁草書房)、想像以上に反響がありました。ネット炎上について定量的な研究はこれまでなかったんです。

【為末】炎上させようとしている人たち、つまり「炎上加担者」というのは、どういう人たちなんですか。

【山口】『ネット炎上の研究』出版後に、追加で今年実施した4万人を対象にしたアンケート調査のデータを、計量経済学でモデル分析をしてわかったことなのですが、女性よりも男性、年収が低い人よりも年収が高い人が、炎上に加担する傾向にありました。最新の調査では、さらに係長クラス以上の役職に就いていることが多いことがわかりました。とくに部長職の方の加担割合は目立って高かったですね。

【為末】管理職の方が炎上に加担しやすい、と。

【山口】そうですね。為末さんが過去に炎上した例をみても、いかにも「自分を賢く見せたい」みたいな人が結構いますよね。

【為末】ああ、多いかもしれないです(笑)。

【山口】結局そういう人たちなんですよね。自分の政治信条とかにある程度自信がある人が炎上に加担しがちであるということがわれわれの調査から見えてきました。

【為末】炎上加担者の出身大学はどうでしょう。何か傾向ってありますか?

【山口】出身大学までは聞いていないのですが、高卒や大卒などの学歴は関係なかったんですよ。

【為末】例えば、管理職の人がストレス発散のため炎上に加担してしまうということも考えられますか?

【山口】だいたいどんな炎上についても、70%くらいの人は正義感から加担していることが、調査から分かりました。ストレス発散などを目的に加担している人は20%ほどで、残りの10%は「他の人がやっているから」という便乗型です。

【為末】義憤に駆られてネットに書き込んでいるんですね。

【山口】はい。「やたらと攻撃的などこかのお偉いさん」って、たまにいますよね。

【為末】いますね(笑)。

【山口】わかりやすく言えば、炎上に加担しやすいのは、ああいうタイプなんだと思います。ヤンキーみたいな人が、安全保障についての話題で誰かを炎上させるかというと、たぶんしないですよね。それなりの企業に勤めていて、自分なりの考えをしっかり持っている、そんな人の方が炎上時に書き込みやすい傾向にあるようです。

【為末】正義感が強くて行動型の人が、結果として出世しているという見方もできるんじゃないですか。

【山口】相関はあるかもしれませんが、加担しやすいと言っても、そもそも炎上に加担するのはごく一部です。今「やたらと攻撃的などこかのお偉いさん」と聞いて為末さんが思い浮かべられた方が実際に炎上に加担している可能性は、ほとんどないと思います。

■ネット炎上の中核にいる“スーパー・セブン”の存在

【為末】ごく一部というと、具体的にはどのくらいですか?

【山口】直近の1年間で炎上時にネットの書き込みをした経験がある人は、前述の4万人を対象としたアンケート調査で、約0.7%だったんです。その前に行った2万人を対象としたアンケート調査でも約0.5%と、いずれも少ない。

【為末】1フロア100人ずつのビルであれば、各階に約1人ずついるくらいですかね。

【山口】そうなりますね。その0.7%の人に参加件数を質問してみると、1件が32%、2〜3件が34%、一方、11件以上は10%ほど。続いて1件あたりの書き込み回数を見ると、1回が35%、2〜3回が34%と、この2つで大半を占めます。その一方で、51回以上が3%いました。

【為末】つまり、同じ人が何度も繰り返し書き込みをしているということですね。

【山口】その通りです。

【為末】例えば50回書き込む人が1000人いたら、5万のネガティブなコメントになるわけですよね。一方、1回しか書き込んでいない人が10000人いても、1万のネガティブなコメントにしかならない。

【山口】一部の人の意見が多数派に見えてしまう、というのがネット炎上の特徴なんです。

【為末】なるほど。少しずつ全体像が見えてきました。

【山口】ちなみに、この調査では11件以上の炎上に加担していて、最大50回以上書き込んでいる人が4万人中7人いました。『ネット炎上の研究』共著者の田中先生(慶應義塾大学の田中辰雄准教授)と私は、彼らのことを“スーパー・セブン”と呼んでいます。

【為末】スーパー・セブン(笑)。実際にはどんな人たちだったんですか?

【山口】1人だけ会社役員でしたが、ほとんどは無職でした。これは、ライト層まで含めた結果(係長クラス以上など)とは違いますね。そして、総じて年配の方でした。65 歳以上の女性もいましたね。アンケートの回答では「世の中は根本的に間違っていると思う」「自分は周りに理解されていないと思う」という選択肢をチェックする傾向がありました。

【為末】社会を否定し、自己を肯定する意識が強すぎるあまり、ネガティブコメントのリピーターになってしまうと。

【山口】そうですね。調査では「炎上は社会をよくしている」と考えている人の方が、1件当たりの書き込む回数が多い傾向にありました。ストレス解消のためにやっている人は、書き込む件数は多いけど、1件あたりの書き込みは少ないんです。

【為末】正義感からでもなければそんなに熱心に書き込めないですよね。ここのところ、炎上させる側も戦略的にというか、上手になっている印象を受けていて。「こうすればより拡散されるな」というテクニックは、炎上にも応用できると思うんです。

【山口】そういう観点で考えたことはありませんでしたがあり得ますね。

【為末】いずれにせよ、ネット炎上がごく少数からの批判であることはより明確にしたいですね。

【山口】はい。やっぱりこのようなリピーターがネット炎上全体の舵を取っているのは事実なんです。ネット炎上なんて、10人くらいいればできてしまうので。

【為末】たった10人で。

【山口】はい。もっと少ない例もあります。一方、為末さんのツイッターのフォロワーは今40万人くらいですが、その0.5%が不快に感じたとして、それだけで2000人です。彼らが数回リプライしたら、炎上ということになってしまう。しかし、残りの39万8000人は賛成しているかもしれないんですよ。

【為末】まさにサイレント・マジョリティーというわけですね。

■炎上からのリカバリーはどうすればいいのか?

【山口】為末さんも結構、炎上されていますよね?

【為末】僕は7年くらいツイッターをやっていますが、以前「アスリートもまずその体に生まれるかどうかが99%」とツイッターに投稿して、勢いよく炎上しました(笑) 文脈としては、成功者が語る「やればできる」という話は、誰にでもあてはまるわけではない、ということが言いたかったのですが。炎上してしまった場合、当事者はどうしたらいいんですかね。

【山口】炎上したことによって、私の考えが直接のフォロワー以外にも知られたんだな、くらいに受け止めておけばいいんじゃないでしょうか。為末さんはご著書『逃げる自由』で、読者からの「攻撃的なお局様にはどう接したらいいか」という相談に対して、お局さまとの関係を変えようとするのではなく、距離を置いて観察するようなつもりでつきあえばいいと書いておられましたが、まさに炎上も同じです。「なんかまた攻撃的な人が出てきたな」くらいに思えばいいのではないかと。

【為末】そういえば僕が過去に最も攻撃されたのは、相手にまともに反応してしまったときですね。何度かツイッター上でやりとりのあった一般の方で、いつもは言葉遣いもちゃんとしているのにその時だけやけに攻撃的だったんですよ。で、思わず「日常で何かありましたか?」と返したんです。そうしたらものすごく怒られてしまって。

【山口】結果的に火に油を注いでしまったんですね(笑)

【為末】炎上したときの謝罪や取り下げの判断基準って、ありますか?

【山口】単純ですが、擁護コメントがどれだけ付いているかではないでしょうか。例えば為末さんのケースでは、おそらく賛同者が結構いたと思うんです。

【為末】そうですね。「言ってることは間違ってない」という意見もかなりありました。

【山口】そういう場合は、取り下げたり謝罪したりする必要のない発言なわけです。そもそも、賛成を表明するってリスキーなことなんですよ。過激な反対派が自分に矛先を向けてくる可能性もあるわけですから。

【為末】それでも「いや、間違ってないでしょ」と言ってくれる人がいるということは……。

【山口】それなりの妥当性があるということです。

【為末】炎上からの社会的なリカバリーの方法について言うと、いわゆる「忘れられる権利」みたいなものも必要になってくると思うんです。

【山口】議論に上ることも増えてきましたね。

【為末】もし意地悪な人たちが誰かを攻撃したいと考えて、その人の不利益になるようなコメントをとにかくたくさんネットに残しておくとしますよね。そうすると、後日その人が別の人によって検索されたときに、まとめサイトなどがヒットして、長期的にダメージを受けることになります。僕らのような商売であれば、新しい情報を提供することで葉っぱを森の中に隠せますが、ほとんどの人は森を作れないじゃないですか。

【山口】有名人じゃない人たちというのは、そもそもインターネット上にあまり情報がないので、一度炎上してしまうとその話がいつまでもネット上の目立つところに残ってしまう。これではいつまでも忘れられる権利を行使できないですよね。

【為末】対応が何とも難しい。検索されないようにすることはできないのかな。

【山口】検索されないようにしても、コンテンツは残ってしまう。じゃコンテンツをすべて削除するとなると非常に難しい。結局、コンテンツをすべて人の目に触れなくする、というのは現実的には不可能ですね。魚拓を取られたり、キャッシュが残ったりしますし。

【為末】どこまで削除の申し出を許容するかの加減も必要そうですね。

【山口】一番懸念されるのは、忘れられる権利が犯罪歴や過去の医療ミスなどについて行使されることです。それって結局、他の人の知る権利を阻害していることになりますよね。これを更に拡大していくと、例えば独裁政権が、どんどん体制に都合の悪い情報を削除してしまう、なんて事態もあり得なくはない。

【為末】むしろ大衆には不利になるということですよね。

【山口】そうなんです。実際に、痴漢や盗撮などの罪で逮捕された人が、忘れられる権利を訴えている最中に再犯した、という事例もあります。

----------

山口真一(やまぐち・しんいち)
1986年生まれ。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター講師。2010年慶應義塾大学経済学部卒、2015年同大学経済学研究科で博士号(経済学)を取得し、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教を経て、2016年より現職。専門は計量経済学。情報社会において新しく生まれた社会現象やビジネスモデルについて、定量的な考察をすることを主としている。「おはよう日本」(NHK)をはじめとして、テレビ・ラジオ番組にも多数出演。主な著作に、『ソーシャルゲームのビジネスモデル』(共著、勁草書房)、『ネット炎上の研究』(共著、勁草書房)などがある。
為末大(ためすえ・だい)
1978年広島県生まれ。陸上トラック種目世界大会で日本人初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2016年7月現在)。2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権で男子400メートルハードル銅メダル。シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピック出場。2003年プロ転向。2012年引退。現在、自身が経営する株式会社侍、一般社団法人アスリートソサエティ、株式会社Xiborgなどを通じて幅広く活動。著書に『諦める力』『逃げる自由』(ともにプレジデント社)、『走りながら考える』(ダイヤモンド社)、『限界の正体』(SBクリエイティブ)など。

----------

(朽木誠一郎=構成 西藤愛=撮影)