セクシー女優たちが生歌を披露する音楽イベント「Milgene Sonic!2016」(ミルジェネソニック!)

写真拡大

セクシー女優たちが生歌を披露する音楽イベント「Milgene Sonic!2016」(ミルジェネソニック!)が東京・下北沢GARDENで行われた。

【写真を見る】トップバッターの阿部乃みくが最初から全力で盛り上げる!

同イベントは、「ソロ」、「本人と作り上げるオリジナル楽曲」、「生歌」、「生バンド」にこだわり、本人たちが本当にやりたい音楽を形にするプロジェクト「Milky Pop Generation」(通称“みるじぇね”)が主催。その“みるじぇね”に所属するアーティストは全員セクシー女優。彼女たちの生歌を聞くことができるのはもちろん、等身大の素顔や緊張している姿が見られるのもこのイベントの魅力の一つ。曲調はロックあり、バラードあり、アイドルソングありと多種多様で、各アーティストが歌い終わると撮影タイムがあったり、合間にはゲームなども用意されていたりと観客を飽きさせない。

今回出演したのは10組11人。阿部乃みく、きみと歩実、涼宮琴音&若月まりあのユニット“cocoannu”、悠木イヴ(仁科百華)、白石茉莉奈、栗林里莉、希美まゆ、目々澤めぐ、希島あいり、沖田杏梨。MCはお笑い芸人・カジと、“みるじぇね”プロデューサーの牛頭めぐみが務めた。

オープニングは全員登場し、Whiteberryの「夏祭り」を熱唱。“夏うた”の代表曲でイベントがスタートした。

トップバッターは阿部乃みく。いつもはユニット「マシュマロ3d+」のリーダーとして活動しており、ソロでの出演に「周りに誰もいなくてどうしよう!どう動いたらいいの!?」と緊張を隠せない様子。マシュマロ3d+の曲「+(プラス)」をバンドアレンジで披露し、会場を一気に盛り上げた。1曲歌い終えると「すごい緊張して…歌詞間違えたー!」と告白。続く2曲目はアニメ「天元突破グレンラガン」のOP曲でもある「空色デイズ」。抜群の声量で歌い上げ、「気持ちよかったです〜」と、トップバッターの緊張感から解放され安堵の表情を見せた。

2番手はきみと歩実。普段は小島みなみや紗倉まなも所属するユニット「SEXY-J」で活動している。今回緊張のあまり「オープニングでお弁当に付いてた輪ゴムを腕につけたまま出てしまってました」と暴露。続けて、「今日の私おかしい…お酒飲んだときと同じくらいおしゃべりになってる(笑)」とコメント。1曲目はSEXY-Jでも披露している「学園天国」を振り付けと共に熱唱。続けて、スキマスイッチの「奏」をしっとりと聞かせながらも、「緊張して震えた声がちょうどビブラートっぽくなったかな…」と笑いを誘った。

3番手は涼宮琴音&若月まりあのユニット“cocoannu”。年内にCDリリースが決定している2人。“みるじぇね”では通常ソロだが、2人の方がより個性が高め合えるということから2人での出演とデビューに至ったという。2人が今回歌うのはミオヤマザキの「アイドル feat.100人のアイドル」1曲のみ。そのため登場してすぐに「どうしてもやりたいことがあるんです!」と、別の曲の1フレーズを突然歌い始めた。恥ずかしいからと後ろ向きだったが、息ぴったりのアカペラで、今後のユニットでの活躍も期待が高まる。

4番手は悠木イヴ。仁科百華名義でセクシー女優として活動していた彼女。数年ぶりという“みるじぇね”の出演に感慨深い様子。披露するのはオリジナル曲の「echo voice」と「free flyin’」。圧倒的な歌唱力と、ドSな煽り&ツンデレトークで観客を魅了した。満員の会場を見て「(観客が少なかった)以前とは景色が違いました!(笑)」と久々のステージを100%楽しんだようだった。

5番手は白石茉莉奈。「SEXY-J」や「恵比寿★マスカッツ」のメンバーとしても活躍中の彼女。いつもは落ち着いた大人の雰囲気だが一人での出演が不安だといい、「みなさん助けてください!」と弱気なコメント。しかしステージでは、「GLAMOROUS SKY」英語詞バージョン、ヴァネッサ・カールトンの「A Thousand Miles」、英語詞の2曲を力強く歌い上げた。無事歌い終えた白石の元に、8月10日が誕生日ということでバースデーケーキが運ばれてくるサプライズも。観客からの「おめでとう」の嵐に、白石は「言葉を失いました…うそ〜…あ、本当か〜」と喜んだ。

前半戦が終わったところで、箸休めのゲームタイム。黒ひげ危機一髪で、最後まで残った人が罰ゲームとして三代目J Soul Brothersのランニングマンダンスをすることに。結果、白石茉莉奈と、巻き込まれた阿部乃みくがノリノリで(!?)踊って見せた。

後半戦の1番手は栗林里莉。彼女も「SEXY-J」所属。カバー曲も発売しているザ・ヴィーナスの「キッスは目にして!」バンドバージョン、オリジナル曲の「くりりん探検隊!!!」を熱唱。事前に1曲目の「くりりん」の呼び掛け方、2曲目のサビでの「だおーだおーくりりんだおー」の振りと歌詞をおさらいして、ステージと観客が一体となる熱いパフォーマンスを見せた。

続いて、後半戦2番手は希美まゆ。クールな彼女だが、「いつも始まる前に熱が出そうになる。お酒が入ってないと話すのが苦手です…(笑)」と発言。オリジナル曲の中から「私の好きな暗くて激しい曲で、一番好きな…2曲です(笑)」と選んだ「ラブレター」、「追憶」を披露。低音から高音まで安定感のある美しい声を会場内に響き渡らせた。

後半戦3番手は目々澤めぐ。1曲目はアニメ「美少女戦士セーラームーン」のテーマ曲「乙女のポリシー」で、「人生最初で最後、苦手なぶりっこを最大限やるので見守ってください!」とアピール。一転して、2曲目はLUNA SEA「ROSIER」とハードな曲を選び「いろんな私を見てもらおうと思います」と意気込んだ。その約束通り、キュートさとカッコよさを見せつけていた。

後半戦4番手は希島あいり。歌うのはオリジナル曲で、自身が作詞をしている「Melody Road」と「Desire」の2曲。「持って来ちゃった」というお茶目なコメントと共にアコースティックギターを持ってのステージ。1曲目の心が温まるようなかわいらしく優しい曲を柔らかな美声で歌い終えると、「次はエロい曲!(笑)」と言いながらギターを置き、2曲目は言葉通りセクシーな振り付けを披露し、会場のボルテージがさらに高まった。

イベントのトリを務めたのは沖田杏梨。今回の出演者の中でも特にセクシーな衣装で登場、MCからの「セクシー過ぎるだろ!」というツッコミに、「ノーブラです!」と返す一幕も。彼女もオリジナル曲である「Liar」と「Coulors」を熱唱。流暢な英語と確かな歌唱力、大胆に胸を揺らしながらのステージで、最高の盛り上がりを見せた。

エンディングでは再び全員登場、最後の曲として大塚愛の「さくらんぼ」を名残惜しそうに歌い、イベントを締めくくった。

次回のライブ「ミルジェネ ジャズカルテットライブ2」は9月4日(日)に開催。場所は、東京・J-SQUARE SHINAGAWA。ベース×キーボード×ドラム編成で、沖田杏梨、希島あいり、希美まゆ、神咲詩織(ゲスト)の出演が決定している。