メイクは全体的に「大人しめ」方向へなり、しばらくは物足りなさを感じる人も多かったり

写真拡大

人気女優たちのメイク傾向から「そろそろ太眉ブーム終焉では?」なんて予測がかねてより出回っていたが、ついにこれで決定打なのではという調査結果が発表された。資生堂ビューティークリエーションセンターが2016年4月下旬〜5月初旬に街頭調査を実施した結果、「東京の街を歩く女性たちのヘア&メークトレンド傾向」は、次のようなものだった。

【写真を見る】太眉もピュアな感じで可愛かったけど、やっぱり自然な太さが一番という結果に

■太眉ブームは、「自然な太さ」へと移行

ふわっと太く短く丸みのある「ナチュ太眉」。バブル期以降久々の「太眉ブーム」で話題をさらったものの、2015年秋冬の調査から徐々に減少傾向。かといって、細眉のアイコン的な「安室ちゃん」のような眉が急に復活するわけではなく、あくまでナチュラルな太さをキープとのことで、最新のメイクの傾向は「自然な太さ」へと移行。 パウダータイプのアイブローを使いふんわりと自然な太さに仕上げる眉になっていくと予想されている。「太眉は小顔効果大!」なんて煽られてみたものの、やっぱり無理あるかも? なんて気づいちゃったのかも。

■アイメイクは「薄盛り」&「カラーで楽しむ」

2011年の東日本大震災を機に、アイメイクは徐々に「薄盛り」傾向。強めメイクでおなじみの「囲み目」や「つけまつげ」は減り、アイカラーはナチュラルな薄いブラウンやベージュ系へ。1年前の春夏の調査ではマスカラをつけない「素のまつ毛」も見られるなど今までになくライトな仕上がりが増えたそう。その後昨年の初秋頃からは、 カーキやボルドー、ネイビーなどのカラーアイテムが見られるようになり、今季は明るい色のカラーアイラインやカラーマスカラ、 アイシャドーなどが登場。盛りは少なめでも「アイメークで色を楽しむ」人が多いよう。カラーは手軽だけど、盛り盛りのアイメイクって結構大変ですもんねえ……。すっぴんとの差が激しいのも、ちょっと恥ずかしいし。

■目のすぐ下にチークを入れる「おフェロ顔」も終了

ここ最近「愛され系メーク」「色っぽメーク」企画などで、 雑誌で取り上げられていた「湯上りチーク」「ほてりチーク」といった、 目のすぐ下に赤みをきかせるチークは、 2015年秋冬頃から減少。今シーズンは、 頬骨に沿ってソフトになじませる自然なチークへと移行。「血色じゅわじゅわお色気顔」なんてユニークな表現も流行った「おフェロ顔」も、終了ということだ。過剰な演出はいつの時代も男性陣から不評であるのは定番の展開だが、おフェロ顔については「罰ゲーム……?」なんて反応が現れるほどに、反応が微妙すぎたのが定着しなかった原因である可能性、大。

さて、がっつりした太眉にお色気チーク。少々難易度高めともいえる流行メイクに、遅ればせながらなじんできた女子にとっては「その気にさせておいて、好きになったらおしまい!?」なんて複雑な気持ちになりそうだけど、幅広い年代や職業になじみそうで男性ウケもいいという点からは、「ナチュラル回帰」歓迎派のほうがきっと多いはず。

ちなみにメークでもヘアでも”抜け感””こなれ感”というキーワードは、引き続き今っぽいスタイルのポイントに。ナチュラルといっても「手をかけない自然のまま」というナチュラルではなく、これまで流行ったナチュラル同様「手を加えてナチュラルに見せる」という点は健在。いつになく勢いのあった太眉メイクからちょっと引き算するイメージで、新・旬の顔を演出してみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】