熱狂ファンが『ウォーキング・デッド』をテーマにした結婚式を開いちゃった! まるでハロウィン・パーティーのような式がメチャ楽しそう!!

写真拡大

ゾンビがはびこる世紀末的な世界を描き、世界中で大ヒット中の海外ドラマ『ウォーキング・デッド』。本作の影響で、ハロウィンでゾンビの仮装する人が急増したようだが、ハロウィンには良くても、オドロオドロしいメイクやボロボロのコスチュームは、どう考えても祝福の場向けではない。

ところが、ある熱狂的なファンが、『ウォーキング・デッド』をテーマにした結婚式を開いてしまったというのだ! 本格的なメイクを施し、まるでハロウィン・パーティーのような式が、メチャ楽しそうなのである。!!

・結婚式のテーマは『ウォーキング・デッド』!!

『ウォーキング・デッド』をテーマにした結婚式を開いたのは、米NFLのディアンジェロ・ウィリアムス選手だ。

熱狂的な本作のファンだという彼は、もともと婚約した記念に、ゾンビに追いかけられている写真を撮りたいと考えていたのだが、NFLのシーズンで時間の余裕がなかったのだという。そこで、代わりに結婚式のテーマを、『ウォーキング・デッド』にしてしまおうと思い立ったのだ。

・プロのメイクアップアーティストを雇い本格的に!

彼の婚約者リサリンさんは、そのアイディアに大賛成だったが、花嫁介添人は全く乗り気ではなかったのだとか。そこで、彼女達の説得にかかり、なんとか承諾を得たディアンジェロさんは、プロのメイクアップアーティストを雇い、本格的な『ウォーキング・デッド』流結婚式の準備に取り掛かったのである!

こうして、まるで本シリーズにゲスト出演できそうなほど、すっかりゾンビに成り切った彼らは、まずは動画を撮影。新郎新婦がゾンビに追いかけられているところや、ゾンビに襲われているシーンをカメラに収めた。

・結婚式がハロウィンパーティーのような盛り上がりに!!

そして、結婚の誓いのキスでは、キスを交わす新郎新婦のそばで、ゾンビに扮した花嫁&花婿介添人がのたうち回り、まるでハロウィンパーティーのような盛り上がりとなっていた。

ディアンジェロさんは、ありきたりな結婚式よりも何か変わったことをして、より想い出に残るセレモニーにしたかったのだという。最後に彼は、「ゾンビに変身できただけでなく、夫になれたことが何よりも素晴らしかった」と、式の感想を述べている。

通常の結婚式も素敵だが、特定のテーマを決めたセレモニーにすれば、より楽しく想い出深いものになりそうである。もしかしたら、『ウォーキング・デッド』をテーマにした結婚式が、流行りになっちゃうかも!?

参照元:Facebook @DeAngelo Williams、COSMOPOLITAN(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る