プラントハンター西畠清順が「文様」テーマに世界の植物を紹介

写真拡大

 プラントハンターで「そら植物園」代表の西畠清順が、展覧会「プラントハンター 西畠清順 世界の植物文様展」を松屋銀座で開催する。会期は9月14日から19日まで。「文様」をテーマに世界の植物を展示する。 西畠清順が世界の植物を紹介の画像を拡大

 今回の展覧会では、建築物やファッション、インテリア、食器などの生活の中で、様々なモチーフとして使われている植物の枝葉や幹の文様が持つ美しさや奥深さを、西畠清順の視点で紹介。また、植物の文様を活かし自らデザインした枯山水を限定公開する。 西畠清順は、明治元年から150年以上続く花と植木の卸問屋「花宇」の5代目。ファッションブランドやライフスタイルブランドの店舗の装飾にも協力しているほか、プラントハンターとして国内に留まらず海外数十カ所を旅し、数千種類に及ぶ植物を収集している。現在はポーラ ミュージアム アネックスで「ウルトラ植物博覧会2016 西畠清順と愉快な植物たち」を開催している。■西畠清順 〜世界の植物文様展〜会期:2016年9月14日(水)〜9月19日(月・祝)※会期中無休時間:10時〜20時(入場は閉場の30分前まで、最終日は17時閉場)会場:松屋銀座8階イベントスクエア入場料金:一般 800円他(前売りあり)問合せ:松屋銀座 03-3567-1211(大代表)