タガメで微笑む昆虫食フェア責任者の宮下彗さん

写真拡大 (全2枚)

 昆虫食は「美味しくて栄養価が高く、地球環境に優しい」といわれ、理想の未来食とたとえる人もいる。ただし見た目のグロさをのぞげば。そんな昆虫食の料理を集めた「昆虫食フェア」を都内のレストランで開催し、人気を集めているという。いったいどのようなものか、さっそく試食してみた。(取材・文=フリーライター・神田憲行)

 * * *
 レストランは東京・高田馬場にある「米とサーカス」という。もともと鹿肉やワニ肉などを提供するジビエ居酒屋として、食の好奇心豊かな客の胃袋にアピールしてきたお店だ。それがなぜ昆虫食なのか、フェア責任者の宮下慧さんが説明する。

「これまで当店ではダチョウやウーパールーパーなどいろんな食材に手を広げてきたところ、お客さんの間から『虫も食べてみたい』というご要望が寄せられることが多くなってきたんです。それで去年2月に期間限定でやってみたところ、非常に好評でして、その第二弾として今回開催することにしました」

 珍しい昆虫食が食べられるとあって、遠方からわざわざ1人でやってきて「こういうの食べたかったんだよねー」と舌鼓をうつお客さんもいるとか。世の中、広いものである。

「現代の日本では昆虫はそんなに馴染みのない食材ですけれど、世界では20億人が普通に食べているポピュラーな存在なんです。食材もたとえば『アリの水煮缶詰』は、都内のアジアンスーパーで普通に手に入りますよ」

 メニューは昆虫料理研究家の内山昭一氏、虫食いライターのムシモアゼルギリコ氏の協力を仰いで完成した。さっそく食べてみよう。

 まずは初心者にとってもっともハードルが低いと思われる「アリの卵ゼリー」から。赤いゼリーの見た目が美しく、「アリの卵」と聞かなければ普通に美味しい。脳内に「美味しい!でもアリの卵!でも美味しい!」という想いがリフレインする。

「ただ昆虫を食べさせる、というだけではレストランの意味がありません。昆虫で、しかも美味しいというのがポイントなんです」(宮下さん)

 お次はフェアの目玉料理、虫寿司である。使われている食材は、ミツバチ、カマキリの子ども、イナゴ、コオロギ、蜂の子、タガメだ。それぞれが原型を留めたまま、お寿司の上に鎮座している。

「虫寿司で悩んだところは、それぞれの昆虫がみんな茶色で見た目が楽しくないところですね。それで紅ショウガを添えたりしそで巻いたりして、彩りを加えました。ギリギリ和食の伝統にそって昆虫食をアレンジした、という感じですかね」

 宮下さんのトークに熱が籠もるが、卵焼きの上に乗ったタガメの存在が強烈過ぎて頭に入ってこない。これ、5センチくらいあるよな……。

「あ、タガメ気になっちゃいます?これ国内では希少なので、タイから塩煮したものをわざわざ取り寄せているんですよ」

──これ、このままいくんですか?

「いえ、付属のハサミでお腹を切り裂いて、中身を掻き出して卵焼きに載せてください。タガメと仲良くなろう!」

 仲良くって、食べるわけだし。ハサミでの処理を宮下さんにお願いすると、なんとなく手つきがおぼつかない。

──あれ? ひょっとして苦手ですか?

「いやあの、もの凄く積極的に食べたいかと聞かれると、そうでもない的な」

──自分も虫が怖いんじゃないですか!

「いえあの、この私と虫との微妙な距離感が、一般のお客様の昆虫食への目線を忘れないためにも必要ではないかと、自分では思っています」

 なんだかんだ言いながら、タガメから掻き出した中身を卵焼きに載せる。空っぽになったタガメが目に入らないように、卵焼きを口に含んでみると……なんか!ものすごく良い匂いがする!

「でしょう!タガメの内臓は洋梨のラ・フランスみたいな香りがするんですよ!」

 すごい。あんな恐ろしい形相の昆虫から、こんな香りのものが出てくるなんて、生命の神秘に触れた気がする。乾燥したコオロギも小魚みたいでビールのおつまみにいけそうな感じだ。素揚げしたカマキリの子もうまい。

「見た目と味のギャップというのが、昆虫食の醍醐味なんですよ」

 昆虫食に若干距離を取りつつも、宮下さんが将来考えている食材がある。

「海外に食用のゴキブリがいるそうなんですよ。5センチくらいで動きも遅いそうです。何年先になるかわかりませんが、トライしてみたいですね」

 その際にはまたレポートすることを読者のみなさまにお約束する。「米とサーカス」の昆虫食フェアは8月いっぱいまで。