インスタグラマー!? 雑誌やTVに登場!? マルチに活躍する「アパレル店員」の実態を探れ!

写真拡大

 

 

インスタフォロワー数11万人超え! TVにもひっぱりだこの「サントニブンノイチ」の「ゆうたろう」君など、人気アパレル店員の勢いがスゴイ現在。

その活躍の幅は店頭での販売だけに留まらず、その子に会いに来る目的で来店するお客さんもいるほど。

今回は、そんな「アパレル店員」のお仕事を大解剖!

華やかに見える裏側をのぞいちゃおう!!

 

 

 

アパレル店員への道

 

「アパレル店員になりたい!!」まずどうやったらなれるの??なり方は大きく分けて2つ。

「アルバイト採用」と「正社員採用」です。

 

まずはアルバイトで採用→社員へのステップUP制度をとっている企業が多いため、オーソドックスなのは求人サイトや派遣会社からの応募となります。

必要な資格は特になく、未経験でも採用は可能なため、チェーン展開しているブランドであればお店のカラーに合わない、服のサイズがない、などがなければ採用難易度は低めです。

もちろん、選抜された人のみ働ける人気店であれば話しは別ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エイミーさん(@eimy.mu)が投稿した写真 -

 

 

 

 

 

 

 


もう一つは「正社員採用の場合」です。

こちらは大学卒以上など、応募資格がある場合も多く、大手メーカーのブランドなどにその傾向が見られます。

就職後は2〜3年店舗に配属され、その後本社勤務などを経て、プレスや広報などの配属になるルートが一般的です。

 

就職後、"どんな働き方を目指すか"でも変わりますが、まずは自分が働きたいお店に応募する!これが第一歩です。

準備するのはそのお店のお洋服が似合う「自分磨き!」あとは応募するだけ!

 

 

 

アパレル店員のとある1日

 

▼では、具体的に毎日どんな仕事をしているのか見ていきましょう!

 

【早番staffの場合】

9:40  出勤・開店準備  レジ金管理、伝達事項の確認、当日入荷する商品の確認など。

10:30  店内清掃&ディスプレイチェック

11:00  開店  声出し、声掛けからはじまり、試着のサポート、レジ業務、掃除、洋服をたたみ直すなど。

13:30  昼休憩(45分)  スタッフ交互にとります。忙しいときはお腹ペコペコなんて時も。

14:15  勤務開始  夕方の帰宅時間帯にかけて忙しさのピークを迎えます。

17:00  小休憩(15分)

19:30  閉店  この後、明日のスタッフへの引継ぎや簡単な片づけをして終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

y eさん(@y_____5173)が投稿した写真 -

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もちろんこれは一例で、お客様の都合により残業になったり、セールの時期は、早出、残業当たり前の超体力勝負!

年末年始も大忙し!…てな具合に「服を売る」以外にもやることはたくさん!華やかだけじゃなく肉体労働なんですね。

 

 

 

店員さんのお財布事情

 

続いて、気になるお財布事情を見てみましょう!

 

平均月収:18万円

平均年収:256万円

 

平均月収が15万円以上25万円未満の人はアパレル販売全体の約94%を占めており、全体的に厳しめ。。。

また、年代別に見ても、大幅に給与がUPすることは稀(まれ)なため、販売職ひとすじ!という働き方は難しめかも。。。

 

 

 

ココが辛い!「あるある」

 

▼センパイに聞いてみた!ココがしんどい話

・土日休みの友達と休みが合わず遊べない

・給料安いのにほとんどが服代に消える。社割でもキツイ!

・店長怖い!女同士の対立怖い! 女だらけの職場は怖い

・たまに信じられないクレーマーがいる

・とにかく足が痛い! むくみと靴づれと戦う日々

・セール時期死亡。お正月家にいたことない

う〜ん。けっこう肉体労働&やはり給料問題。加えて精神的にも疲れるんですね。

 

 

 

やっててよかった!の瞬間

 

▼そんな辛いこともありつつ、「やっててよかった」も聞きました。

・自分のコーディネートをマネキンに着させてもらったとき

・SNSのフォロワーが一気に増えた。お客さんに覚えてもらえたとき

・オシャレな人から刺激をもらえる。美意識が高まる

・喜んでいるお客さんに「ありがとう」と言ってもらえる

・販売から夢のバイヤーになれたとき

(一部のカリスマ店員さん達は…)

・メディアに取り上げられて有名になれる

・フォロワーが一気に増え、「ファン」といってくれる人ができた

・ブランドの広告にモデルとして起用された

 

Fotolia_96931596_Subscription_Monthly_M

などなど。一部のカリスマさんレベルまで行くのは難しいけれど、「頑張り次第」で未経験から可能性が無限大の「アパレル店員」のお仕事。

体力勝負!実力勝負!の大変な仕事ですが、だからこそ「ありがとう」の言葉はうれしさ倍増!

決して華やかな「表側」だけではないけれど、「裏」で頑張っているからこそ、女の子が女の子に憧れる世界なのかもしれませんね♪