ディズニーアンバサダーホテル チップとデールルーム ©disney

写真拡大

東京ディズニーリゾート内にあるディズニーホテル『ディズニーアンバサダーホテル』には、かわいい客室がいっぱい!

できるだけ安くするには? TDS15周年を泊まりがけで楽しむためのホテル & レストラン 攻略ガイド

これまでの『ミッキーマウスルーム』『ミニーマウスルーム』『ドナルドダックルーム』に追加して、2017年2月6日(月)より『チップとデールルーム』『スティッチルーム』が登場。

予約がスタートしています。

森みたい!『チップとデールルーム』

まるでチップとデールのお家に遊びに行ったようなデザインの客室が『チップとデールルーム』です。

ディズニー・アンバサダーホテルの特徴でもあるアールデコ・スタイルのヘッドボードには、茶目っ気たっぷりのチップとデールのイラスト。

カーペットやベッドスローには、樫の木の葉っぱやふたりの大好物のドングリが描かれ、 浴室の扉や鏡には、楽しげなふたりの姿が映っています。

さらに、チップとデールの特徴的な鼻をイメージした色の異なるクッションや、チップとデールが大好きなクラリスが描かれたイラストも特徴です。

アロハ! 南国風の『スティッチルーム』

スティッチルームの客室は、色彩豊かなハワイアン・アールデコのスタイル。

ディズニー映画『リロ&スティッチ』の舞台であるハワイを感じさせる客室になっています。

ヘッドボードには、サーフィンを楽しむリロとスティッチ、壁紙には、フラを踊ったり、絵本を読んだりしているスティッチが描かれています。

カーペットは花やパイナップルのモチーフに混じってスティッチの足跡のシルエットがデザインされ、南国気分でホテルステイを楽しむことができます。

宿泊者限定のオリジナルポーチ

『チップとデールルーム』、『スティッチルーム』を利用した宿泊者は、それぞれのキャラクターをイメージしたオリジナルポーチを持ち帰ることが出来ます。

オリジナルポーチには、それぞれの客室のカーペットのデザインとキャラクターのシルエットが描かれており、楽しい

宿泊の記念になりそうですね。

予約開始は宿泊6ヶ月前の朝9時

東京ディズニーリゾート周辺のホテルはたくさんありますが、ディズニーホテルと呼ばれるホテルは4つあります。

ディズニー・アンバサダーホテル 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ 東京ディズニーランドホテル 東京ディズニーセレブレーションホテル

ディズニーホテルの宿泊予約は、宿泊日の6ヶ月前の朝9時に開始。

電話およびウェブサイトから申し込むことが出来ます。

ディズニーキャラクターに囲まれたホテル

今回紹介したミッキーマウスの仲間たちをモチーフにした客室があるのは『ディズニー・アンバサダーホテル』です。

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの中間に位置しています。

ディズニーキャラクターをより身近に感じられるキャラクタールーム、そして、ミッキーマウスたちと一緒にお食事ができるレストラン『シェフ・ミッキー』があるのが特徴的。

ミッキーマウスがモチーフになった無料シャトルバス『ディズニーリゾートクルーザー』で東京ディズニーランド・東京ディズニーシーに行けること、開園15分前に入場できる『ハッピー15エントリー』も人気の秘密です。

ディズニーキャラクターを身近に感じながら、いつまでも忘れられない想い出をつくってみませんか。

【電話予約】
東京ディズニーリゾート総合予約センター
0570‐05‐1118 (9:00~18:00)
※一部の PHS・IP 電話・国際電話をご利用の方は 045-330-5711

【ウェブ予約】
東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト

【客室概要】
『チップとデール ルーム』
室数:31室
広さ:38〜41m²
定員:大人 3名
価格:47,400円〜67,700円

『スティッチ ルーム』
室数:21室
広さ:38~45m²
定員:大人 3名
価格:41,100円〜72,000円
※21室のうち3室は、車イスご利用のゲストがお使いいただきやすいよう、手すりのほか、低めのベッドをご用意したアクセシブルルームです。

※2017年3月31日(金)までの料金です。2017年4月1日(土)以降の料金は未定です。