リオ五輪初戦のナイジェリア戦で、日本は4−5で敗れた。その大味な展開を招いた原因は、日本自慢の守備が崩壊したことにある。結果、大事な初戦を落とした。

 そんな中、唯一の光明となったのは、MF南野拓実だ。

 前半6分に先制されるが、その3分後、ペナルティーボックス内に進入した南野が相手DFに倒されてPKを奪った。

 さらに前半10分、DF室屋成のミスから再びナイジェリアに勝ち越しを許すが、その3分後、MF大島僚太からの縦パスを受けた南野が、1対1となった相手GKの股を抜いて同点ゴールを決めた。

 開始早々、一方的な展開になりそうな状況にあって、南野が2得点に絡む活躍を見せて、序盤の日本の窮地を救ったのだ。

「個人的には、ゴールを取れたことはよかったです。僚太くんは僕の欲しいところにボールを出してくれるし、どのポジションでも僕を見ていてくれるんで、すごくやりやすい。でも今日の試合では、僚太くんからいいパスが出たとき、そこでどうやってゴールにつなげるかという点においては、まだまだ物足りない部分があった。目の前の相手に引っかかったり、相手の競り合いの強さも感じたりしたんで。そこは次、改善していかないといけないと思っています。

 あとは、いい感じでボールを動かしているとき、ペナルティーエリア内に侵入していくための工夫が足りなかった。そこはゴールにつながるところなんで、次の試合では意識していきたいですし、どうやってボールを動かすのか、というところもビデオで確認して、見直しを図っていきたいです」

 南野は、ナイジェリアの激しい当たりにも動じなかった。鍛え上げた肉体を駆使して、自分よりも大きな相手にも怯まず対峙し、ボールを奪った。日本のほとんどの選手はナイジェリアの身体能力の高さに戸惑いを隠せなかったが、オーストリアのザルツブルクでプレーする南野にとって、それは想定内のことだったのだ。

「13番のFWサディック・ウマルには、結構やられましたね。僕自身は(海外でプレーしているので)ナイジェリアの選手の足の長さとか、ヘディングの強さとか、身体能力の高さは想定できていましたが、ああいうタイプは日本にはいないですから......。それでチームとして、失点してへこむところがあったし、メンタルをやられてしまった面もあったけど、相手を恐れず、しっかりと抑えていけば、違う結果になったと思います。

 何より痛かったのは、後半立ち上がりのPKですね。でも4点取って、負けはしましたけど、最後は1点差まで迫って、得失点差−1で終えられた。それは、残り2試合で生きてくると思います」

 一度は3点もの差をつけられながら、途中出場のFW浅野拓磨と、FW鈴木武蔵がゴールを決めて1点差まで詰め寄った。それらのゴールを生かすためにも、次のコロンビア戦での勝利は不可欠である。

「次、負けたら終わり。まあ、追い込まれましたけど、逆に僕らはやるしかない。あと2試合、勝てないわけではないですし、ここで終わるわけにはいかない。自分たちを信じて、グループリーグを突破したいと思います」

 初戦を落としたものの、南野の眼光は鋭く、気持ちは折れていない。周囲との呼吸も合ってきて、コンビネーションの精度も高まった。自らゴールを決めて、さらにテンションは上がっている。

「まあ、そうですね。次戦では、(興梠)慎三さんとのコンビネーションもさらによくなっていると思います。慎三さんとはプレー面で話すことが多く、できるだけ近くでプレーして相手を崩すことをイメージしています。次の試合では、ふたりで打開して点が取れるようになればいいかな、と思います」

 今年1月のリオ五輪アジア最終予選では、4試合に出場しながらノーゴール。所属クラブの事情もあって、大会途中にチームからも離脱した。日本はアジアの頂点に立ちながら、南野個人としては不完全燃焼だったに違いない。

 その分、五輪にかける思いは強い。「ここで終わるわけにはいかない」――南野が力強く放った、その言葉を信じたい。

佐藤 俊●文 text by Sato Shun