「恋愛がいつも長続きしない」、「これが最後の恋だと思うのに、なぜかカレから別れを切り出されてしまう……」恋愛ベタ子が口にする恋のお悩み。皆さんは心当たりはありませんか?

その一方で、恋につまづくことなく、理想のカレを思いのままに操ってしまう、羨ましいモテ子の姿も!

そこで今回は、イメージコンサルタントである筆者が、友人モテ子を例に、“本気のカレと長続きする女の共通点”をご紹介します。

■1:私ってイイでしょ!自分最高主義

「私なんて全然ダメ……」、「○○くんにフラれないように、もっと頑張らなくちゃ」大好きなカレのために健気に頑張る恋愛ベタ子。しかし、なぜか違和感を覚えるのはなぜでしょう? そう、それは彼女たちから自信が感じられないからです。

健気に頑張る姿は涙ぐましいですが、“自分サゲ”をしてまで恋愛をするのは、自分を否定するのと同じ。「自分を愛せない人は他人を愛せない」という言葉があるように、まずは自分に自信を持つことからはじめてみましょう。

筆者の周りのモテ子は、カレの前でも「○○くん、私と付き合えて幸せだよね!」と平気で口にしますが、「そうだね(ハート)」と答えるカレの姿を見れば、効果は一目瞭然ですよね。

■2:四六時中一緒なんて勘弁!NO恋愛依存

恋愛ベタ子からの恋の相談には、「たまの休みの日くらい、一人で過ごしたいと言われてしまった……私のこと好きじゃないのかな?」、「仕事終わりには毎日会いたい。休みの日も一緒にいたい」などと、息が詰まりそうなものもチラホラ。

対してモテ子は、「カレとの時間も大切だけど、自分一人の時間や友人との時間ももちろん大切」、「会ってない間の出来事は、会ったときに話せばいい」などと、実に男前!

実際に筆者の周りには、自称・恋愛至上主義の友人が存在しますが、カレとの予定を最優先のため、前もっての約束はNG。連絡が来るのは、カレとの予定が入らなかった当日のみ。これでは、いくら友人といえど嫌気がさしてしまいますよね。

■3:オレのために…?ファッション誌は男性へのプレゼン資料

「ファッションでもメイクでも、彼の理想に少しでも近づきたい!」恋をする女性ならば、当然の想いですよね。しかし、肝心のカレに聞いてみても「何でもいいよ」の一言。途方に暮れている方も少なくないはず。

そんなとき、モテ子が取り出すのが”女性ファッション誌”。女性のファッションはよく分からないという男性が多いため、具体的に視える化することが大切なのだとか。

「Aのコーディネートと、Bのコーディネートなら、どっちがタイプ?」これなら男性も回答に迷うことがなく、いくつかのコーディネートを見ていくうちに、タイトでボディラインが強調される女性らしいスタイルが好きなのか、クールなパンツスタイルなのか、好みの共通点が見つかるはずです。

ちなみにモテ子は、この方法でカレ好みのブランドを発見! 今では、買い物に行くとカレの方から「あのショップ覗いてみようか?」と声を掛けてくれ、ときにはプレゼントまでしてくれるそう。

■4:これぞ聖母!癒しのオーラと笑顔が最大の武器

筆者の周りの男性陣に、「彼女の嫌いなところは?」と聞くと、「般若のようにお怒り狂った顔」、「ケンカするとだんまりを決め込むところ」、「ヒステリックになってこっちの話を一切聞かない」など、出るわ出るわの嵐! その大半が、女性の怒り方に関連するものでした。

なかには、ケンカのたびに泣き叫ぶ彼女にウンザリして別れた……なんてケースも。怒りは、双方にストレスと精神的ダメージを与えるばかりです。

一方でモテ子たちは、拗ねない、ふてくされない、怒らない! その理由は実に明快で「時間のムダだから」、「ムスッとした顔はブスに見える」、「自分が逆の立場だったら、恋人には癒されたいと思うから」などというもの。

なかには、「カレは一番のお客様と一緒。よほどのムカつくことがない限り、真摯に対応する」という、神回答まで!

そんなモテ子のカレたちに会うと、「聖母マリアみたい」、「一分一秒でも早く家に帰って来て癒されたい」と口を揃えるのです。

思わず、同じ女性でも「こんな彼女がいたら……」と思ってしまいそうですね。モテ子を参考に、本気の恋を成就させましょう!

【関連記事】

2位ハグより男心ロックオン!「仕事で疲れた時、彼女にされたい事」1位は