6日、韓流を中国市場から排斥するための「禁韓令(韓流禁止令)」が話題を集める中、韓国の歌手で俳優のRAIN(ピ)も中国ドラマからの降板がうわさされている。写真はRAIN。

写真拡大

2016年8月6日、韓流を中国市場から排斥するための「禁韓令(韓流禁止令)」が話題を集める中、韓国の歌手で俳優のRAIN(ピ)も中国ドラマからの降板がうわさされている。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備を決めた韓国に対し、中国が “報復”行動の一つとして、韓流の締め出しをスタートしたと連日話題になっている。また、メディアを管理する国家新聞出版広播総局(広電総局)による「禁韓令(韓流禁止令)」が、「来月1日から正式にスタートするのではないか」とネット上でささやかれ、こちらも話題だ。

中国メディアによると、現在のところ、テレビ局や制作会社に向けて、広電総局が通達したとされる4つの「禁止」事項がすでに存在。「韓国人気グループの中国での活動」「韓国人アイドルの1万人以上を動員する公演」「文化事業を行う韓国企業の新たな投資活動」「およびコンテンツ制作における提携」というものだ。

中国で制作会社などがすでに“自主規制”をスタートする中、次のターゲットとして「危ない」と言われるのが、歌手で俳優のRAINだ。ここ数年は中国を拠点にした活動が多く、映画「露水紅顔」や連続ドラマ「DIAMOND LOVER」などに出演。最新ドラマ「八月未央」での主演が決まっていたが、「禁韓令」の影響で「差し替えが行われるのではないか」とうわさされている。(翻訳・編集/Mathilda)